第365回:【Movie】やっぱり「セアト」が人気!?
大矢アキオ 捨て身の路上調査員「ポルトガル・リスボン編」

2014.09.19 エッセイ

■「南ヨーロッパ」とひとくくりにすべからず

路上のクルマをカウントすることによって、雑誌ではわからないリアルな自動車生態系を視覚体験していただく「大矢アキオ 捨て身の路上調査員」シリーズ。今回はポルトガルの首都リスボン編である。

まずは参考までに、ポルトガル国内におけるブランド別自動車生産台数(2013年)を見てみよう。
フォルクスワーゲン(VW)がダントツの8万5490台、VWグループでスペインを本拠とするセアトが1万7524台、プジョーが1690台、そしてシトロエンが1350台だ。
次に最新の2014年8月国内新車登録台数を見てみよう。1位はポルトガルにアッセンブリーラインがある「VWポロ」(710台)、2位は「フィアット・プント」(586台)、そして「ルノー・クリオ」が3位に続く。
ちなみに8月はレンタカー需要が大きかったという。フィアット・プントが車齢9年を迎えるのに2位に食い込んでいるのも、多分にその影響だろう。

さて、実際の路上観察である。スペインのセアトがもっと目に入るかと想像していたが、それほどでもなかった。前述の生産台数を映しだすかのように、同じVWグループでも今やVWブランドのほうが圧倒的な存在感だった。

以下はリスボン市内で午前10時台に10分間計測した結果である。

ルノー:18台
VW、メルセデス・ベンツ:各16台
オペル:13台
フォード、プジョー:各9台
セアト、シトロエン、BMW、アウディ:各8台
フィアット:7台
トヨタ:5台
ヒュンダイ、日産:各3台
キア、ホンダ、ジープ、ダチア:各2台
マツダ、三菱、レクサス、シボレー、ダッジ、スズキ、MINI:各1台

サンルーフやオープンボディー、そして退色しやすい赤いクルマがまれなのは、太陽が強い国ならでは。イタリアと共通である。
交通マナーはどうか。レストランで隣り合ったおばさんは「ポルトガルで売ってるクルマは、方向指示器がオプションなのよ」と、外国人のボクに冗談をかます。ウインカーを出さないドライバーが多いということだ。ワッハッハッ。イタリアと同じである。

いっぽうで毎回ボクが横断歩道を渡ろうとするやいなや、一台の例外もなくクルマは止まってくれた。こちらは、ボクが住む中部イタリアでは考えられぬ現象である。
ついでにいうと、地下鉄の駅や車内は、ミラノやローマのそれからすると、信じられないくらい清潔である。
「ラテン諸国」とか「南ヨーロッパ」とか、ひとくくりにするのがいかに乱暴かを、リスボンは教えてくれる。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

【Movie】リスボン空港ターミナル付近の様子

【Movie】市街地の様子

(撮影と編集=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

リスボンのカテドラル(大聖堂)前にて。観光用の三輪タクシー「アペ・カレッシーノ」がお客を待つ。
リスボンのカテドラル(大聖堂)前にて。観光用の三輪タクシー「アペ・カレッシーノ」がお客を待つ。
2代目「フォード・フィエスタ」をベースにした「クーリエ」がたたずむ街角。
2代目「フォード・フィエスタ」をベースにした「クーリエ」がたたずむ街角。
タクシーに多いブランドのひとつにメルセデス・ベンツがある。「W123」が現役という事実が、メルセデスの高い耐久性を無言のうちに語っている。
タクシーに多いブランドのひとつにメルセデス・ベンツがある。「W123」が現役という事実が、メルセデスの高い耐久性を無言のうちに語っている。
新しいタクシーには、スペイン工場製の「シトロエン C-エリゼ」が多数。リスボン県カスカイスにて。
新しいタクシーには、スペイン工場製の「シトロエン C-エリゼ」が多数。リスボン県カスカイスにて。
リスボン市内で。米国から上陸した観光用レンタルマイクロカー「トリガー・ゴーカー」。50ccの3ホイーラーである。車載されたGPSシステムは、操作方法から名所ガイドまで数々の情報を提供する。
リスボン市内で。米国から上陸した観光用レンタルマイクロカー「トリガー・ゴーカー」。50ccの3ホイーラーである。車載されたGPSシステムは、操作方法から名所ガイドまで数々の情報を提供する。
初代「フィアット・パンダ」の姉妹車で、スペインのセアトが1986年から1996年まで生産していた「マルベーリャ」。後輪サスペンションは、本家イタリアのパンダが後期型からオメガ式にリファインされたあとも、ひたすら元のリーフ式のまま生産された。
初代「フィアット・パンダ」の姉妹車で、スペインのセアトが1986年から1996年まで生産していた「マルベーリャ」。後輪サスペンションは、本家イタリアのパンダが後期型からオメガ式にリファインされたあとも、ひたすら元のリーフ式のまま生産された。
フロント部を破損した際、別の中古ボディーパネルをはめたと思われる初代「フィアット・プント」。図らずもカラーコーディネーションがイカす。
フロント部を破損した際、別の中古ボディーパネルをはめたと思われる初代「フィアット・プント」。図らずもカラーコーディネーションがイカす。
1980年代の後半の「トヨタ・セリカ」も生きていた。上の「プント」とともに、カスカイスにて。
1980年代の後半の「トヨタ・セリカ」も生きていた。上の「プント」とともに、カスカイスにて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。