トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)

なにものにも代えがたい 2014.09.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。

すべては機能のために

2004年の国内販売終了から数えてちょうど10年。民生車としては、前代未聞ともいえる再販である。が、それは他業種でよく聞く「復刻」ということではない。この間も「70系」はゆっくりと進化を重ねてきた。
前席エアバッグの追加に伴うダッシュボード周りの変更はもとより、2007年により乗用車然とした外装デザインになった理由は、直列エンジンからV型エンジンへのコンバートに伴いエンコン(エンジンコンパートメント)の左右幅を拡大する必要に迫られたからだ。言い換えれば進化の動機は全て機能要件にあって、それの伴わない変更は一切行われていない。

走破性はもとより信頼・耐久性の権化として、トヨタの名を世界に知らしめた「40系」。その直系の後継車種として生まれた70系は、1984年から一貫してコンシューマー向けでありながらプロスペックという路線での進化を遂げてきた。その30周年を祝しての限定再販は、例えば林野庁や消防団といった官庁・自治体などのニーズもくむことになるだろうか。しかし現在はそれを運転する職員の免許もAT限定だったりするだろうから、やはりこれ、基本的には好き者のオッさんたちにとっての祭りということになりそうだ。

指入れに擦過痕がガシガシ残りそうな形状のノブに手を掛けてドアを開けると、そのペラペラぶりに思わずニヤけてしまう。ステップに足を掛けてAピラーのグリップを握り、よっこらしょと乗り込むと、目の前に広がるのは、若干面取りがなされたもののバキバキに樹脂感をさらすダッシュボード、そしてインストゥルメントパネルには懐かしい空調のコントロールパネル……。「70」の車内はともあれ1980年代のトヨタ車の気配が濃厚だ。そういえば気配だけではなく、漂う匂いもその頃のトヨタ車を思い出させる。

「ランクル70」や「70系」などの愛称で親しまれる「ランドクルーザー“70”シリーズ」。ここでは、世界各国で販売される同車の全般的な話をする場合は「70系」、今回試乗した日本仕様のみをさす場合は「70」(ナナマル)と表記する。
インパネまわりに装飾の類いはなし。助手席側のダッシュボードに手すりがないのは、手すりを握っていると、エアバッグが展開した時に、自分の手で顔を打つ危険性があるためだとか。
全車に標準装備されるファブリックシート。前席には前後スライドおよびリクライニング調整機構が備わる。
リアシートは左右一体型のベンチ式。ピックアップにも可倒機構が備えられている。
かつてのデザインをとどめる空調の操作パネル。リアヒーターの操作パネルも、昔のままだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る