メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)

教科書が新しくなりました 2014.09.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。

気後れするほど現代的

年相応にくたびれた面々が集まった同窓会に、ひとり見違えるような最新モードをまとってさっそうと現れた元委員長。新型「Cクラス」にそんな印象を抱くのは、メルセデス・ベンツ初のコンパクトセダンだった「190」シリーズが日本に導入されたほぼ30年前に、私も自動車雑誌業界に足を踏み入れたという個人的思い出があるからだ。

「190E」は当時の小林カーグラフィック編集長がカンパニーカーとして使っていたせいもあって、私にとってはお手本そのもの。「すべての操作スイッチはメルセデスの文法にのっとってあるべきところにある。だから新型に乗り換えてもまごつくことはない云々」などというそれまでの耳学問をきちんと“勉強”したのも190からである。それゆえにその後Cクラスと名前が変わっても、勝手にいわば“同期”のように親近感を感じてきた。ただし、同期の中でもちょっと堅物で最初から老成した雰囲気を持ち、だがだからこそ皆から一目置かれる信頼厚い委員長みたいな存在だったのである。

それなのに一体何ということでしょう。190から数えて通算5代目の新型Cクラスは、いつの間にか最新モードをクールに着こなしているではないか。かすかな野暮(やぼ)ったさにむしろ安心感を抱いてきた同世代のオヤジにすれば、お前いつから伊勢丹メンズ館に通うようになったんだ? 新しい嫁さんもらったのか? と集中砲火を浴びせたいぐらい、内も外もエレガントで華やかないでたちである。しかも以前ならば、かたくなに譲らなかった家訓さえ、すっかり忘れているようだ。1本ワイパーはもとより、スタッガードシフトゲートも独立したハザードスイッチも、スリーポインテッドスターのフードマスコットさえ姿を消してしまった。昔のよすがはダイヤル式のライトスイッチぐらいなものか。

実はメルセデス・ベンツ、会津の什の掟じゃないけれど「ならぬことはならぬ」とこだわりを見せるいっぽうで、それまでの主張を改めるに敏なところもある。君子豹変(ひょうへん)する、と言うべきか、節操がないと言うべきか。だがそんな宗旨替えには常に合理的な理論武装が伴っているのは言うまでもない。それにしても、この小径ステアリングホイールはどうだろう。そのうちに慣れるのだろうが、コマンドシステムの操作ロジックも変更されているようで、以前と同じようにナビを操作すると戸惑うことがあった。それとやはりハザードスイッチはとっさの場合も間違えないように独立して設けてほしい。それをサラッと変えるのは憲法解釈を変更したに等しいと思うのだが、考えすぎでしょうか?

7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「Cクラス」のコンセプトは「アジリティー&インテリジェンス」。「アジリティー」(軽快さ)の部分はアルミハイブリッドボディーをはじめとする先端技術を、「インテリジェンス」は「レーダーセーフティパッケージ」などの安全運転支援システムがもたらす快適かつ安全な“インテリジェントドライブ”という考え方を、それぞれ意味している。
7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた「Cクラス」のコンセプトは「アジリティー&インテリジェンス」。「アジリティー」(軽快さ)の部分はアルミハイブリッドボディーをはじめとする先端技術を、「インテリジェンス」は「レーダーセーフティパッケージ」などの安全運転支援システムがもたらす快適かつ安全な“インテリジェントドライブ”という考え方を、それぞれ意味している。
緩やかな曲線を描きながら運転席と助手席の間に横たわる、大きなセンターパネルが印象的なインテリア。「C180アバンギャルド」ではピアノラッカー調(写真)、「同AMGライン仕様」では光沢を抑えたブラックアッシュウッドが採用される。
緩やかな曲線を描きながら運転席と助手席の間に横たわる、大きなセンターパネルが印象的なインテリア。「C180アバンギャルド」ではピアノラッカー調(写真)、「同AMGライン仕様」では光沢を抑えたブラックアッシュウッドが採用される。
「レザーエクスクルーシブパッケージ」が選択されたテスト車には本革シート(色はクリスタルグレー)が装着されていた。標準のシートはレザーツイン(座面と背もたれの中央部がファブリック、その他が人工皮革)となる。
「レザーエクスクルーシブパッケージ」が選択されたテスト車には本革シート(色はクリスタルグレー)が装着されていた。標準のシートはレザーツイン(座面と背もたれの中央部がファブリック、その他が人工皮革)となる。
メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る