【コレはゼッタイ!】三菱ミラージュ:21世紀の若者のアシグルマにならんことを!

【コレはゼッタイ!】三菱ミラージュ:21世紀の若者のアシグルマにならんことを!

三菱から懐かしい車名が復活した。新興国ではエントリーカー、先進国ではエコモデルを担うらしいが、筆者にとってそうだったように、21世紀の若者にとっても「青春のクルマ」になってほしいものである。

 
三菱ミラージュ:21世紀の若者のアシグルマにならんことを!
 
三菱ミラージュ:21世紀の若者のアシグルマにならんことを!

■ノスタルジアで選びました!

三菱がタイで生産するコンパクトハッチ。新興国ではエントリーカー、先進国ではエコモデルの役割を担う。1リッター3気筒エンジンをCVTと組み合わせる。ボディーを徹底的に軽量化し、アイドリングストップ機能、ブレーキ回生装置などを駆使して、リッター30kmの燃費性能を目指している。

……といったことも大事なんですが、スイマセン、このクルマは個人的なノスタルジアで選びました。「三菱ミラージュ」。最初にアシにしたクルマが、初代ミラージュのノッチバックだったんです。ただし、姉のクルマでしたが……。学生時分、よく遊んでいた友人4人中3人が、まったく偶然に同じノッチバックのミラージュ(白)に乗っていた不思議。いま思えば、はつらつとした印象のハッチバックと比較して、実用一点張りの3ボックスタイプは、不人気で安かったんでしょうね。

「環境性能」と「お求めやすい価格」を両立した、とうたわれる復活ミラージュ。理由のいかんにかかわらず、21世紀の若者が積極的に選ぶクルマになってほしいものです。

(文=青木禎之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。