テニスプレーヤー錦織 圭が“ジャガーの顔”に

2014.09.17 自動車ニュース
ジャガーの新たなブランドアンバサダーに就任した、プロテニスプレーヤーの錦織 圭選手。
ジャガーの新たなブランドアンバサダーに就任した、プロテニスプレーヤーの錦織 圭選手。
    拡大

テニスプレーヤー錦織 圭、ジャガーのブランドアンバサダーに就任

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年9月17日、プロテニスプレーヤーの錦織 圭選手が、ジャガーのブランドアンバサダーに就任したと発表した。

錦織 圭選手(写真左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長(同右)がフォトセッションに臨む。ハンソン社長はジャガーの事業展開にも触れ、「新型セダン『XE』を2015年の早い段階で日本に導入する」と述べた。
錦織 圭選手(写真左)とジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長(同右)がフォトセッションに臨む。ハンソン社長はジャガーの事業展開にも触れ、「新型セダン『XE』を2015年の早い段階で日本に導入する」と述べた。
    拡大
発表会では、車両のボンネットにサインを記すパフォーマンスも。
(写真をクリックすると、サインのほか、より多くの画像が見られます)
発表会では、車両のボンネットにサインを記すパフォーマンスも。
    (写真をクリックすると、サインのほか、より多くの画像が見られます)
    拡大

テニスプレーヤー錦織 圭が“ジャガーの顔”にの画像 拡大

ジャガーによれば、今回のパートナーシップは、「日本テニス界の歴史を塗り替えながら前人未到の記録を打ち立てる錦織選手とともに、既存のイメージや歴史を“BREAK(ブレイク)”し、頂点を目指す」という目的をもって結ばれたもの。
錦織選手は今後、“GAME CHANGER(ゲームチェンジャー=それまでの流れを変え、好転させる者)”として、ジャガーのウェブサイトや広告に登場することになる。

発表会に姿を見せた錦織選手によれば、このパートナーシップを持ちかけたのは、彼のほうから。もともとジャガー車には関心があり、プライベートで試乗したこともあるという。

今後、アンバサダーとして日常ハンドルを握ることになる「ジャガーFタイプ V8 S コンバーチブル」については、「カッコよくて、エキサイティング。特に音(排気音)が好きですね」と笑顔でコメント。「Fタイプの鋭さ、フットワークのよさは、自分のテニスと通じるところもあると思います」と続けた。

2014年9月8日には、日本人として初めて全米オープンテニスの決勝を戦い、世間を大いにわかせた錦織選手。
その点について触れられると、「今回は惜しいところでタイトルを逃しましたが、いつかは世界ナンバーワンになりたいです」と、力強く返答。同席したジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長が、「お互いにナンバーワンを目指すものとしてがんばりましょう」と、その言葉を継いだ。

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブルジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • ジャガーFタイプ V8 S(FR/8AT)【試乗記】 2013.7.21 試乗記 「Eタイプ」以来、ジャガーが50年余りの時を経て世に問うた2シータースポーツカー「Fタイプ」。その“本気度合い”を知るために、箱根のワインディングロードで5リッターV8スーパーチャージドユニットを解き放った。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る