第6回:「ボルボV40」試乗インプレッション

モテるにはワケがある 2014.09.22 特集 ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

ボルボファミリーの中で、好調なセールスが伝えられるコンパクトハッチバックの「V40」。その実力は、どれほどのものなのか? 東京~伊勢・志摩間での試乗インプレッションを報告する。

1000km超えても苦にならない!?

2013年2月のデビューとともに、日本にボルボ旋風を巻き起こした同社の“プレミアムスポーツコンパクト”が「V40」だ。エントリーグレードで269万円(デビュー当初)という戦略的価格を打ち出したことに加えて、ボルボのイメージを一新するスタイリッシュなエクステリアやお家芸の安全装備などによって、強豪ひしめく輸入Cセグメントにおいて、強い存在感を示しているのはご存じのとおりだ。

そのV40のうち、販売の中心となるのが「V40 T4 SE」。エントリーグレードの「V40 T4」とともに1.6リッター直4直噴ターボを搭載するV40 T4 SEは、T-Tec/ファブリックの電動シートやキセノンヘッドライト、アルミニウムパネルなど、装備を充実させた上級モデル。V40にプレミアムコンパクトの上質さを求めるなら、このグレードがお薦めである。

今回はこのV40 T4 SEとともに1100kmのロングドライブに出掛け、その走りっぷりを試すことに。とはいっても、行程の8割は高速道路で、いまや標準装着のアダプティブ・クルーズ・コントロールを使えば、決して苦になる距離ではない。

早速運転席へ。白のシートはT-Tecとファブリックのコンビネーション。背中と腰をしっかり支えてくれるから、これなら長距離移動でも疲れは少ないに違いない。スタイリッシュなフローティングセンタースタックや緻密なシボが施されるダッシュボードもお気に入りのアイテム。クラストップレベルの上質さを誇るのは間違いない。

それではスタート……といきたいところだが、その前に準備しておきたいことがある。V40はデジタル液晶メーターを採用しており、「Elegance」「Eco」「Performance」の3テーマから好みのデザインを選ぶことができる。私はいつも「Performance」を選択している。中央部にアナログ風のタコメーターとデジタル表示のスピードメーターが表示され、ひと目で走行状況が把握できるからだ。

ところが、編集スタッフのS君から無線で連絡が入った。「生方さん、ぜひEcoで走ってください」。Ecoに切り替えたところでそれは表示だけの話で、エンジンやシフトがエコプログラムに変わるわけではない。思わず私は「どうしてPerformanceじゃダメなの?」と食い下がった。

2013年2月に日本で発売された、新型「ボルボV40」。その登場初年に、たちまちボルボのトップセラーとなった。
2013年2月に日本で発売された、新型「ボルボV40」。その登場初年に、たちまちボルボのトップセラーとなった。
テスト車のインテリアは、チャコールとブロンド(ベージュ)のツートンカラー。センターのパネルは、写真のモダンウッド以外の意匠も選択可能。
テスト車のインテリアは、チャコールとブロンド(ベージュ)のツートンカラー。センターのパネルは、写真のモダンウッド以外の意匠も選択可能。
「V40 T4 SE」のシート地は、ウエットスーツにヒントを得たというT-Tecとテキスタイルのコンビが採用される。
「V40 T4 SE」のシート地は、ウエットスーツにヒントを得たというT-Tecとテキスタイルのコンビが採用される。
アニメーション表示のメーターパネルには、3種類のテーマカラーが用意される(写真は「Elegance」の状態)。
アニメーション表示のメーターパネルには、3種類のテーマカラーが用意される(写真は「Elegance」の状態)。

第6回:「ボルボV40」試乗インプレッションの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る