フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)

電気じかけのGTI 2014.09.25 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」から走りの血統を引き継ぐプラグインハイブリッド・ゴルフ「GTE」が登場。その走りはGTIを超えたか? スイスからの第一報。

フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド

先日、都内をドライブしていたら、見慣れぬ「ゴルフ7」が対向車線を走ってきた。フロントマスクがいつもと違う。すれ違いざま、目に飛び込んできたラジエーターグリルのバッジを見ると、そこには「e-GOLF」の文字。おそらく日本導入に向けてテストを行っているクルマなのだろう。

フォルクスワーゲンは2014年後半に電気自動車(EV)の「e-up!」を日本に導入し、2015年前半には、ゴルフ7のEV仕様であるこの「e-ゴルフ」を発売する予定だ。EVの魅力を知る者としてはこの2台だけでも期待に胸が膨らんでしまうのだが、2015年後半にはさらにもう1台、見逃せないクルマが控えている。それが、「ゴルフGTE」だ。

ゴルフファンでなくとも、ゴルフのスポーツモデルである「GTI」の名前はご存じのはず。現在のゴルフGTIは2リッター直4直噴ガソリンターボを搭載するが、ヨーロッパではさらにそのディーゼル版の「ゴルフGTD」が存在し、TDI(直噴ターボディーゼル)が誇る強大なトルクによりスポーティーなドライビングを楽しむことができる。そして、今回スイスで試乗したゴルフGTEは、「ゴルフGTI」のスポーティーな走りを、プラグインハイブリッドというパワートレインで実現する“第3のGT”である。

GTIの流れをくむモデルであることは、そのデザインからも明らか。左右ヘッドライトを結ぶカラーのラインもそのひとつ。ただし、GTIと違って色使いがレッドからブルーに変わるのがGTEの特徴である。一方、フロントバンパーに設けられたC字型のLEDランプは前述のe-ゴルフから受け継ぐもの。インテリアもまたGT系の演出がなされており、チェック柄のシートがGTIファンにはたまらない! こちらもレッドのラインがブルーに変更されており、GTIとはまた別のクールな雰囲気に仕上がっている。

その動力性能も、GTの名にふさわしい内容である。

2014年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたPHVの「ゴルフGTE」。ガソリンの「GTI」、ディーゼルの「GTD」に続く“ゴルフGTシリーズの3番目のモデル”とうたわれる。
2014年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されたPHVの「ゴルフGTE」。ガソリンの「GTI」、ディーゼルの「GTD」に続く“ゴルフGTシリーズの3番目のモデル”とうたわれる。
フロントエンドを左右に走るラインは「ゴルフGTI」では赤だったが、「GTE」では青に。また、「e-ゴルフ」からC字型のLEDランプ(フロントバンパーの左右に設置される)を受け継ぐ。
フロントエンドを左右に走るラインは「ゴルフGTI」では赤だったが、「GTE」では青に。また、「e-ゴルフ」からC字型のLEDランプ(フロントバンパーの左右に設置される)を受け継ぐ。
「ゴルフGTI」を思わせるスポーティーなインテリア。
「ゴルフGTI」を思わせるスポーティーなインテリア。
「GTI」では赤だったシートのチェック柄が「GTE」では青に。これと併せて、ステアリングホイールやシフトセレクター、シートなどに施されるステッチの色も青とされる。
「GTI」では赤だったシートのチェック柄が「GTE」では青に。これと併せて、ステアリングホイールやシフトセレクター、シートなどに施されるステッチの色も青とされる。
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.30 試乗記 フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」に試乗。エコフレンドリーなだけでなく、「GTI」譲りのダイナミックな走行性能も兼ね備えているという同車の走りを、箱根のワインディングロードで試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【レビュー】 2015.12.4 試乗記 Cセグメントハッチバック車のベンチマーク的存在である「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、電動モーターと駆動用バッテリー、充電用ソケットを搭載した「GTE」が登場。エコと走りの両立をうたう、フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車の実力を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【海外試乗記】 2014.9.25 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」から走りの血統を引き継ぐプラグインハイブリッド・ゴルフ「GTE」が登場。その走りはGTIを超えたか? スイスからの第一報。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開 2017.5.26 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。
ホームへ戻る