第5回:圏央道開通!! ただし7割(その4)
高尾山は”奇跡の山”

2014.09.25 エッセイ

”奇跡の山”とは?

「趣味は?」と問われたら、即座に、登山でございます、と答える私なのである。
「では、好きな山、ベスト3は?」と問われたら、これまた即座に、「南アルプスの北岳」「栃木県の那須連山」、そして「高尾山」と答える私なのである。つまり、私は、大の「高尾山好き」なのである。

植生が豊富で、日本全国に生育している5300種類ほどの植物の3割に当たる約1300種類が、標高わずか599メートルの高尾山に集まっている。たとえば、イギリス全土に分布している植物が1400種類だというから、いかに高尾山の植生が豊かだかわかろうというものではないか(『クルマで登山』“奇跡の山”、高尾山に迫る危機・第89回~参照)。
植生が豊かだから高尾山には5000種類もの昆虫が生息していて(日本3大生息地のひとつ)、するともちろん野鳥もたくさんいるわけで、その数、およそ130種類(日本全国に生息する野鳥は550種類)。

すごい?

そう。高尾山はすごい、のだ。しかも、すごい、だけじゃなく、同時に、驚くべき高尾山、なのである。
なにしろ、高尾山にはブナの木がある。本来なら標高800mから1600mくらいの場所に生育するはずのブナを、ケーブルカーの終点あたりで見ることができるのだ。ブナだけでなく、イヌブナとかカエデ類とか、本来ならもっと高い場所で生育するはずの木々が、どうしたわけか標高400mあたりにある。

つまり?

つまり、冷温帯にあるはずの木々が、高尾山という小さな山に、暖温帯の木々と共に生育しているという意味である。そんな山が東京にあるのだもの、まさに驚き、としか言いようがない。

高尾山は“奇跡の山”なのだ。

東京都八王子市にある高尾山。中腹からのぞむ風景。
東京都八王子市にある高尾山。中腹からのぞむ風景。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。