ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル(4WD/8AT)/ミュルザンヌ(FR/8AT)

伝統とは何か 2014.09.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。

1959年に起源を持つエンジン

ベントレーを前にすると、いつも心が引き締まる。高価なクルマであることも一因だが、それだけではない。伝統の重さを感じて、自然に姿勢が改まるのだ。長い歴史を持つ自動車メーカーは数多いが、ベントレーにはなぜか特別な畏敬の念を抱いてしまう。

その伝統とはいかなるものかと考えると、なかなか難しい。ベントレーの設立は1919年で、1922年にワークスチームのベントレー・ボーイズが結成された。1924年にルマンで初優勝を飾り、1927年から4連勝という輝かしい成果を得る。しかし、1931年には経営難からロールス・ロイスに買収され、以後はロールス・ロイスのチューンドバージョンという性格を持つようになる。前世紀末には新たな買収騒ぎが持ち上がり、1998年にフォルクスワーゲン傘下に入って今に至るわけだ。

箱根で行われた試乗会には、ベントレーのV8モデルが集められていた。ベントレーには、大きく分けて2種類のV8エンジンがある。アウディとの共同開発で作られた4リッターDOHCツインターボと、“伝統の”6.75リッターOHVツインターボである。ベントレーが6.75リッターターボエンジンを初めて採用したのは1982年の「ミュルザンヌ ターボ」で、さらにたどっていくと1959年の「S2」に搭載された6.25リッターエンジンに行き着く。

最初に乗ったのは、新しいほうのV8エンジンを積む「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」だった。6リッターW12エンジンを搭載する最強版の「コンチネンタルGTスピード コンバーチブル」は2770万円という価格になるので、2400万円のV8は多少お得なモデルということになる。とはいえ、試乗車はオプションのペイントとホイールだけでも150万円ほどがプラスされていた。このクラスのクルマの顧客には300万円や400万円をケチるという感覚はなく、どちらを選ぶかは好みの面が大きいのだろう。

アウディと共同開発された4リッターV8ツインターボユニットは528psを発生。可変シリンダーシステムを採用し、巡航時に4気筒を休止させることで燃費向上が図られている。
アウディと共同開発された4リッターV8ツインターボユニットは528psを発生。可変シリンダーシステムを採用し、巡航時に4気筒を休止させることで燃費向上が図られている。

フロントフェンダーに備わる「V8 S」のエンブレム。


	フロントフェンダーに備わる「V8 S」のエンブレム。
試乗車にはオプションの21インチホイール(75万3500円)と275/35ZR21サイズのタイヤが装着されていた。
試乗車にはオプションの21インチホイール(75万3500円)と275/35ZR21サイズのタイヤが装着されていた。
「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」の動力性能は最高速度308km/h、0-100km/h加速4.7秒。
「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」の動力性能は最高速度308km/h、0-100km/h加速4.7秒。
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る