ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル(4WD/8AT)/ミュルザンヌ(FR/8AT)

伝統とは何か 2014.09.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。

1959年に起源を持つエンジン

ベントレーを前にすると、いつも心が引き締まる。高価なクルマであることも一因だが、それだけではない。伝統の重さを感じて、自然に姿勢が改まるのだ。長い歴史を持つ自動車メーカーは数多いが、ベントレーにはなぜか特別な畏敬の念を抱いてしまう。

その伝統とはいかなるものかと考えると、なかなか難しい。ベントレーの設立は1919年で、1922年にワークスチームのベントレー・ボーイズが結成された。1924年にルマンで初優勝を飾り、1927年から4連勝という輝かしい成果を得る。しかし、1931年には経営難からロールス・ロイスに買収され、以後はロールス・ロイスのチューンドバージョンという性格を持つようになる。前世紀末には新たな買収騒ぎが持ち上がり、1998年にフォルクスワーゲン傘下に入って今に至るわけだ。

箱根で行われた試乗会には、ベントレーのV8モデルが集められていた。ベントレーには、大きく分けて2種類のV8エンジンがある。アウディとの共同開発で作られた4リッターDOHCツインターボと、“伝統の”6.75リッターOHVツインターボである。ベントレーが6.75リッターターボエンジンを初めて採用したのは1982年の「ミュルザンヌ ターボ」で、さらにたどっていくと1959年の「S2」に搭載された6.25リッターエンジンに行き着く。

最初に乗ったのは、新しいほうのV8エンジンを積む「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」だった。6リッターW12エンジンを搭載する最強版の「コンチネンタルGTスピード コンバーチブル」は2770万円という価格になるので、2400万円のV8は多少お得なモデルということになる。とはいえ、試乗車はオプションのペイントとホイールだけでも150万円ほどがプラスされていた。このクラスのクルマの顧客には300万円や400万円をケチるという感覚はなく、どちらを選ぶかは好みの面が大きいのだろう。

アウディと共同開発された4リッターV8ツインターボユニットは528psを発生。可変シリンダーシステムを採用し、巡航時に4気筒を休止させることで燃費向上が図られている。
アウディと共同開発された4リッターV8ツインターボユニットは528psを発生。可変シリンダーシステムを採用し、巡航時に4気筒を休止させることで燃費向上が図られている。

フロントフェンダーに備わる「V8 S」のエンブレム。


	フロントフェンダーに備わる「V8 S」のエンブレム。
試乗車にはオプションの21インチホイール(75万3500円)と275/35ZR21サイズのタイヤが装着されていた。
試乗車にはオプションの21インチホイール(75万3500円)と275/35ZR21サイズのタイヤが装着されていた。
「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」の動力性能は最高速度308km/h、0-100km/h加速4.7秒。
「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」の動力性能は最高速度308km/h、0-100km/h加速4.7秒。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2014.10.8 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」に、より排気量の小さなV8エンジン搭載モデルが登場。その走りや、いかに? 燃費のデータもあわせて報告する。
ホームへ戻る