ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル(4WD/8AT)/ミュルザンヌ(FR/8AT)

伝統とは何か 2014.09.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。

1959年に起源を持つエンジン

ベントレーを前にすると、いつも心が引き締まる。高価なクルマであることも一因だが、それだけではない。伝統の重さを感じて、自然に姿勢が改まるのだ。長い歴史を持つ自動車メーカーは数多いが、ベントレーにはなぜか特別な畏敬の念を抱いてしまう。

その伝統とはいかなるものかと考えると、なかなか難しい。ベントレーの設立は1919年で、1922年にワークスチームのベントレー・ボーイズが結成された。1924年にルマンで初優勝を飾り、1927年から4連勝という輝かしい成果を得る。しかし、1931年には経営難からロールス・ロイスに買収され、以後はロールス・ロイスのチューンドバージョンという性格を持つようになる。前世紀末には新たな買収騒ぎが持ち上がり、1998年にフォルクスワーゲン傘下に入って今に至るわけだ。

箱根で行われた試乗会には、ベントレーのV8モデルが集められていた。ベントレーには、大きく分けて2種類のV8エンジンがある。アウディとの共同開発で作られた4リッターDOHCツインターボと、“伝統の”6.75リッターOHVツインターボである。ベントレーが6.75リッターターボエンジンを初めて採用したのは1982年の「ミュルザンヌ ターボ」で、さらにたどっていくと1959年の「S2」に搭載された6.25リッターエンジンに行き着く。

最初に乗ったのは、新しいほうのV8エンジンを積む「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」だった。6リッターW12エンジンを搭載する最強版の「コンチネンタルGTスピード コンバーチブル」は2770万円という価格になるので、2400万円のV8は多少お得なモデルということになる。とはいえ、試乗車はオプションのペイントとホイールだけでも150万円ほどがプラスされていた。このクラスのクルマの顧客には300万円や400万円をケチるという感覚はなく、どちらを選ぶかは好みの面が大きいのだろう。

アウディと共同開発された4リッターV8ツインターボユニットは528psを発生。可変シリンダーシステムを採用し、巡航時に4気筒を休止させることで燃費向上が図られている。
アウディと共同開発された4リッターV8ツインターボユニットは528psを発生。可変シリンダーシステムを採用し、巡航時に4気筒を休止させることで燃費向上が図られている。

フロントフェンダーに備わる「V8 S」のエンブレム。


	フロントフェンダーに備わる「V8 S」のエンブレム。
試乗車にはオプションの21インチホイール(75万3500円)と275/35ZR21サイズのタイヤが装着されていた。
試乗車にはオプションの21インチホイール(75万3500円)と275/35ZR21サイズのタイヤが装着されていた。
「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」の動力性能は最高速度308km/h、0-100km/h加速4.7秒。
「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」の動力性能は最高速度308km/h、0-100km/h加速4.7秒。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル/ミュルザンヌ【試乗記】 2014.9.23 試乗記 4リッターDOHCと、“伝統の”6.75リッターOHV。素性の異なるV8ツインターボエンジンを搭載したベントレーの“レアな”2モデル、「コンチネンタルGT V8 S コンバーチブル」と「ミュルザンヌ」を初秋の箱根で試した。
ホームへ戻る