第83回:シェルビーGT500が90分間カーチェイス!
『ゲッタウェイ スーパースネーク』

2014.09.19 エッセイ

あの銀行強盗映画とは無関係

スティーブ・マックイーンが青い「シボレー・インパラ」で砂ぼこりを巻き上げながら疾走する。妻とともに自由の地を目指すのだ。鮮烈なガンアクションは、今も銀行強盗映画の名作として語り継がれている……。いや、それは1972年公開の『ゲッタウェイ』だ。『ゲッタウェイ スーパースネーク』は、まったく別の話である。銀行強盗は出てこない。ちなみに、『ゲッタウェイ』の原題は『The Getaway』で、今作は『Getaway』である。

“純度100%のカーチェイス・スペクタクル”というキャッチコピーが付けられていて、なんとも大げさだと思ったら本当にそうだった。制作意図もストーリーも、まさにカーチェイスありきの仕立てなのだ。“平均45秒に1台が大破するハイパー・リアル・スタント”とも書いてあって、これも本当だった。心配になるほど、クルマを壊しまくる。

カーアクションの主役は、「シェルビーGT500」である。すご腕の自動車泥棒であるニコラス・ケイジはこのクルマをエレノアと名づけ、愛する女性のように扱う。警察に追われて繰り広げたカーチェイスは超絶技巧の連続で……いや、これは2000年の映画『60セカンズ』だった。あの作品にでてきたのは1967年のモデルで、今回のは2005年に6代目となった「フォード・マスタング」をベースにしたマシンである。

5.4リッターV8エンジンを搭載していて、最高度のチューンを施された「スーパースネーク」のパワーは725馬力に達する。プレス資料には最高速度191.25km/hと書いてあったが、まさかそんなに遅いはずはないのでマイルの間違いだろう。

(C)2013 ADF Acquisitions, LLC. All Rights Reserved.
(C)2013 ADF Acquisitions, LLC. All Rights Reserved.

第83回:シェルビーGT500が90分間カーチェイス! 『ゲッタウェイ スーパースネーク』の画像

第83回:シェルビーGT500が90分間カーチェイス! 『ゲッタウェイ スーパースネーク』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。