第14戦シンガポールGP決勝結果【F1 2014 速報】

2014.09.22 自動車ニュース

【F1 2014 速報】第14戦シンガポールGP、ハミルトン優勝、ロズベルグ無得点でチャンピオンシップ首位逆転

F1世界選手権第14戦シンガポールGP決勝が、2014年9月21日、シンガポールのマリーナ・ベイ市街地コース(5.065km)を60周して行われた。

スタート前、ポイントリーダーのニコ・ロズベルグのメルセデスにトラブルが発生。最大のライバルがいなくなったコースで、ポールシッターのルイス・ハミルトンが2連勝、今季7勝目をさらい、チャンピオンシップでもトップに躍り出た。
しかし、このコースではおなじみのセーフティーカーの出動でリードタイムが帳消しとなったばかりか、その後タイヤ交換義務を果たすためピットストップしなければならないという不利な状況に追い込まれており、メルセデスの圧倒的なスピードがなければ成し得なかったであろう勝利だ。

2位はレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテル。予選4位からスタートで2位にジャンプアップ、レース終盤は使い古したタイヤを何とかもたせ、背後に迫るチームメイトのダニエル・リカルドやフェルナンド・アロンソを抑え切り、今季最高位を勝ち取った。

3位にはレッドブルのリカルドが入った。3番グリッドからスタートで1つポジションダウンしたもののセーフティーカー後は3位に。フレッシュなタイヤで迫るアロンソに先行を許さず、今年7回目の表彰台にのぼった。

この週末に復調の兆しを見せたフェラーリのアロンソは予選5位から4位フィニッシュ。セーフティーカーでニュータイヤに履き替える賭けに出たがポディウムには届かなかった。ウィリアムズ・メルセデスのフェリッペ・マッサは前後にライバル不在の5位でゴール。トロロッソ・ルノーのジャン=エリック・ベルニュが6位でチェッカードフラッグを受けた。フォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスは他車との接触でフロントウイングを壊しセーフティーカーのきっかけをつくったが、最後は7位ゴール。フェラーリのキミ・ライコネンは予選7位から8位でレースを終えた。
フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグは13番グリッドから9位入賞、マクラーレン・メルセデスのケビン・マグヌッセンは10位完走となった。

以下、11位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ・メルセデス)、12位パストール・マルドナド(ロータス・ルノー)、13位ロメ・グロジャン(ロータス)、14位ダニール・クビアト(トロロッソ)、15位マーカス・エリクソン(ケータハム・ルノー)、16位ジュール・ビアンキ(マルシャ・フェラーリ)、17位マックス・チルトン(マルシャ)が完走した。

レース前にロズベルグが持っていた22点のリードは一気になくなり、ハミルトンが241点で3点差をつけトップに立った。ランキング3位のリカルドは181点、4位には133点のアロンソが上がり、また5位には124点のベッテルがポジションアップを果たした。
コンストラクターズチャンピオンシップでは、1位メルセデス479点、2位レッドブル305点、3位ウィリアムズ187点、4位フェラーリ178点、5位フォースインディア117点というトップ5の順位である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。