第257回:「ジャガーXE」が華々しくデビュー
ロンドンで開催されたワールドプレミアイベントに参加して

2014.09.23 エッセイ
ロンドンのアールズコートでお披露目された「ジャガーXE」。
ロンドンのアールズコートでお披露目された「ジャガーXE」。

英ジャガー・ランドローバーは2014年9月8日、新型ミドルクラスセダン「XE」のワールドプレミアイベントを、ロンドンのアールズコートで開催した。イベントはロックバンドや女性ボーカリストによるライブのほか、バレエダンサーの舞踏や本格的な演劇が催されるなど、大規模かつ豪華なものとなった。その模様をリポートする。

観衆の前に姿を現した「ジャガーXE」。
観衆の前に姿を現した「ジャガーXE」。
ヘリコプターで「XE」を運ぶなど、イベントには大規模な「仕掛け」が用意された。
ヘリコプターで「XE」を運ぶなど、イベントには大規模な「仕掛け」が用意された。
イベントには全世界から約3000人が招待された。
イベントには全世界から約3000人が招待された。

XEを感じろ!

アールズコートと聞いて、「ロンドンモーターショーの会場」と答えられる人は昔からのクルマ好きだろう。

残念なことに、このロンドン西部にある巨大なホールでモーターショーが行われなくなってずいぶんたつ。もちろん僕も初めて来た。

一度、テムズ川沿いの、たしか「エクセル」とかいった展示会場で行われることになったロンドンモーターショーを訪れたことがあるくらいだ。

そのアールズコートホールを丸々使って、ジャガーが彼らの新型ミディアムサイズサルーン「XE」を発表するイベントを開催した。ジャガー・ランドローバー社のソリハル工場に新たに設けられたXEの製造ラインから、造られたばかりのXEがヘリコプターや船で運ばれ、華々しく会場入りするという趣向だ。

イベントが行われたのは9月8日の夜だったが、それ以前からロンドン市内では、赤と青の背景に「#FEELXE」(XEを感じろ!)とだけ記されたXEのティーザー広告があちこちのビルボードで展開されていた。それには、最も広告掲載料金が高価だといわれているヒースロー空港からロンドン市内に向かうM4高速道路沿いのものも含まれる。以前に、マクラーレンが「MP4/12C」の広告を掲載したことで話題になったところだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ