特別な内外装の「三菱アウトランダーPHEV」登場【パリサロン2014】

2014.09.22 自動車ニュース
「三菱アウトランダーPHEV Concept-S」
「三菱アウトランダーPHEV Concept-S」

【パリサロン2014】特別な内外装の「三菱アウトランダーPHEV」登場

三菱自動車は2014年9月22日、パリモーターショー(開催期間:2014年10月2日~19日、一般公開は4日から)に、全11台の車両を出展すると発表した。

展示車両のうち、今回のショーが世界初公開となる「アウトランダーPHEV Concept-S」は、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のスペシャルパッケージを想定したコンセプトモデルである。

デザインテーマは「Sporty(スポーティー)& Sophisticated(洗練)」というもので、エクステリアでは、周囲をクロムモールで縁取ったフロントグリルや、外側に向かって切れ上がる意匠のヘッドランプ、スリット状のリアコンビランプなど、各所に専用のデザインを採用。外装色は、ガラス粒子を織り交ぜた「プラチナホワイト」となっている。

一方インテリアには、木目にシルバーのアクセントをあしらった本杢(ほんもく)加工や、本革シート、「漆箱」をモチーフとしたというフロアコンソールなどを採用。内装色は「ブラック&バーガンディー(ワインレッドまたはワインレッドより暗く茶色みの強い色)」のツートンカラーで、トリミングラインにはシルバーのアクセントをあしらっている。

同車のほかにも、三菱は東京モーターショーやジュネーブショーに出展しているコンセプトモデルの「コンセプトXR-PHEV」や、アウトランダーPHEVの2014年アジアクロスカントリーラリー参戦車両などを参考出品。市販車では、「アウトランダー」や「ASX(日本名:RVR)」「スペーススター(同ミラージュ)」「パジェロ」「L200(同トライトン)」などの展示を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。