第258回:乗り比べで実感!
幅が狭くて大径の低燃費タイヤ「ologic」の実力と課題

2014.09.25 エッセイ
ブリヂストンの低燃費タイヤ「ologic(オロジック)」の比較試乗用に用意された、2台の「日産リーフ」。
ブリヂストンの低燃費タイヤ「ologic(オロジック)」の比較試乗用に用意された、2台の「日産リーフ」。

「大径・幅狭」という新発想により、優れた燃費性能を実現したというブリヂストンの低燃費タイヤ「ologic(オロジック)」。その実力を、標準的なタイヤとの比較試乗を通して確かめた。

大径・幅狭の「オロジック」(中央)と、一般的な形状のタイヤとの比較。こうしてみると、オロジックがいかに特殊な形をしているかがわかる。
大径・幅狭の「オロジック」(中央)と、一般的な形状のタイヤとの比較。こうしてみると、オロジックがいかに特殊な形をしているかがわかる。
取材は、まずは「BMW i3」の試乗からスタート。このクルマの走りについては『webCG』の試乗記をご参照あれ。
取材は、まずは「BMW i3」の試乗からスタート。このクルマの走りについては『webCG』の試乗記をご参照あれ。
「BMW i3」のステアリングを握る筆者。
「BMW i3」のステアリングを握る筆者。

「大径・幅狭」はここからが本番

常識外れの“大径・幅狭”という特殊なスペックを備えるタイヤが、ブリヂストンからの単独供給で”サスティナブルなアーバン・モビリティー”を自称するBMWの電気自動車(EV)「i3」に装着された……という話題は、今年3月に屋久島で開催された試乗会の記事の最後に、軽く触れさせていただいた。

そもそも、タイヤは大径化するとベルト張力が高くなるため、転がり抵抗が自然と小さくなる方向にあると同時に、幅を狭くすれば前面投影面積が減るので空気抵抗も減少する……といった話題も、そこに記したもの。日本メーカーの作であるにもかかわらずi3の専用品ということから、生産はi3の組み立て拠点に近い、ブリヂストンのポーランド工場が担当。車両のライフサイクル全体での環境負荷低減が目指されたというのも、そこで触れた内容だ。

一方で、そんなi3用タイヤは実は技術的な開発が終了してからはすでに数年の時間が経過したもので、“大径・幅狭コンセプト”を採用するアイテムとしては、より高い性能を目指した次世代モデルの開発が進んでいる……というのは、担当のエンジニア氏から直接耳にはしていたものの、記事中には入れ込まなかった事柄。

というわけで、編集部経由でブリヂストンから「超低燃費タイヤの“体験会”の案内が来た」と聞いた時、「あ、今度のネタはそれなんだナ」と直感した。プログラム中にはi3走行会とも記されていた。が、それは日本でのデリバリーが開始されてからも久しいモデル。よもや“それだけ”で終わるはずはないと読んだのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ