第366回:方向指示器はオプション!? イタリア・フランス最新交通マナー事情

2014.09.26 エッセイ

ウインカー習慣、向上中?

今週はイタリアとフランスにおける交通マナーの最新事情である。
先週の本欄でリスボンのレストランで隣り合ったおばさんが「ポルトガルで売ってるクルマは、方向指示器がオプションなのよ」と、外国人のボクに冗談をかました話を記した。曲がったり車線変更したりするときターンシグナル(以下、ウインカー)を使わないドライバーが多いことを自嘲したものである。

これはボクが住むイタリアでも同じだ。日本から移り住んでまもなく、方向指示器を出さないドライバーの多さに驚いたものだ。特に追い越し車線と走行車線の間を行き来するとき、ウインカーを出すドライバーは皆無といってよい。それも、イタリア人は、ちょっとでも車間が空いていると、突然割り込んでくるから、さらに怖い。律義に出しているのは、ドイツなど外国ナンバーのクルマである。 

フランスでも方向指示器を出さないのが常々問題になっていたが、最近はちょっと変化の兆しがある。
2014年7月にフランス3大高速道路会社のひとつ、サヌフ社が発表したところによると、交差点などを曲がるとき方向指示器を使うと答えたドライバーは59%で、2013年の39%から大きく伸びた。追い越すときに使用すると答えたドライバーも、72%と前年の67%より増えた。アンケートなので実際に順守しているかは別問題だが、ウインカー使用に対する意識が高まっていることはたしかだろう。

パリ・ダンフェール・ロシュロー駅付近で。「メルセデス・ベンツAクラス」が角を曲がる。順法精神に富んだドライバーか、それとも新車期だけのいたわりか。
パリ・ダンフェール・ロシュロー駅付近で。「メルセデス・ベンツAクラス」が角を曲がる。順法精神に富んだドライバーか、それとも新車期だけのいたわりか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。