シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】

2014.09.24 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス エアフロー21」
「シトロエンC4カクタス エアフロー21」

【パリサロン2014】シトロエンは4台のコンセプトカーを披露

仏シトロエンがフランスで開催されるパリモーターショー(開催期間:2014年10月2日~19日、一般公開は10月4日から)の出展概要を発表した。

 
シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】の画像
 
シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】の画像

■「C4カクタス」ベースの新たなコンセプトカーも

今回シトロエンは、「360°にわたるウェルネスのブランド」というテーマのもとに、ブースを構成。展示車両は、最新モデルの新型「C1」や「C4カクタス」、間もなく日本に導入される「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」などの市販モデルに加え、100km走行あたりの燃料消費量が2リッター以下というコンセプトカー「C4カクタス エアフロー2L」や、C1をベースにSUV風の意匠を取り入れた「コンセプトC1アーバンライド」の出展も予定している。

「DIVINE DS(ディヴィーヌDS)」
「DIVINE DS(ディヴィーヌDS)」
 
シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】の画像
「DS3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)」
「DS3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)」

■DSブランドからは2台のコンセプトカーが登場

一方DSブランドからは、2台のコンセプトカーを出展。このうち、「DIVINE DS(ディヴィーヌDS)」は個性的な内外装デザインを特徴とする4ドアコンパクトモデルであり、特にインテリアには、テーマの異なる3つのデザインを組み合わせた「Hypertypage(イペールティパージュ)」というコンセプトを初採用している。

もう一台の「DS3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)」は、ファッションブランド「イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ」とのコラボレーションによって誕生したものである。

コンパクトモデル「DS3」をベースに、エクステリアを「インクブルー」「オニキスブラック」「ルージュ・イネス」の3色でコーディネート。新デザインのLEDライト・シグネチャーやダイヤモンドコーティングを施した17インチホイールなどを採用している。一方インテリアについては、ホワイトステッチを施した「グラニテ・ブルー」のグレインレザーシートや、ルージュ・イネスのダッシュボードが特徴となっている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第432回:公道で「アイサイト・ツーリングアシスト」を体験!
    先進の運転支援システムの“現状”と“課題”を考える
    2017.8.12 エディターから一言 「WRX S4」「レヴォーグ」の改良モデルから導入が進められている、スバルの最新運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」。より緻密になった加減速の制御と、強化された操舵支援機能を、渋滞の首都高速道路で試した。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売 2016.10.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定となる。個性的なデザインが特徴で、欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
ホームへ戻る