シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】

2014.09.24 自動車ニュース
「シトロエンC4カクタス エアフロー21」
「シトロエンC4カクタス エアフロー21」

【パリサロン2014】シトロエンは4台のコンセプトカーを披露

仏シトロエンがフランスで開催されるパリモーターショー(開催期間:2014年10月2日~19日、一般公開は10月4日から)の出展概要を発表した。

 
シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】の画像
 
シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】の画像

■「C4カクタス」ベースの新たなコンセプトカーも

今回シトロエンは、「360°にわたるウェルネスのブランド」というテーマのもとに、ブースを構成。展示車両は、最新モデルの新型「C1」や「C4カクタス」、間もなく日本に導入される「C4ピカソ」「グランドC4ピカソ」などの市販モデルに加え、100km走行あたりの燃料消費量が2リッター以下というコンセプトカー「C4カクタス エアフロー2L」や、C1をベースにSUV風の意匠を取り入れた「コンセプトC1アーバンライド」の出展も予定している。

「DIVINE DS(ディヴィーヌDS)」
「DIVINE DS(ディヴィーヌDS)」
 
シトロエンは4台のコンセプトカーを披露【パリサロン2014】の画像
「DS3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)」
「DS3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)」

■DSブランドからは2台のコンセプトカーが登場

一方DSブランドからは、2台のコンセプトカーを出展。このうち、「DIVINE DS(ディヴィーヌDS)」は個性的な内外装デザインを特徴とする4ドアコンパクトモデルであり、特にインテリアには、テーマの異なる3つのデザインを組み合わせた「Hypertypage(イペールティパージュ)」というコンセプトを初採用している。

もう一台の「DS3 INES DE LA FRESSANGE PARIS CONCEPT(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ コンセプト)」は、ファッションブランド「イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ パリ」とのコラボレーションによって誕生したものである。

コンパクトモデル「DS3」をベースに、エクステリアを「インクブルー」「オニキスブラック」「ルージュ・イネス」の3色でコーディネート。新デザインのLEDライト・シグネチャーやダイヤモンドコーティングを施した17インチホイールなどを採用している。一方インテリアについては、ホワイトステッチを施した「グラニテ・ブルー」のグレインレザーシートや、ルージュ・イネスのダッシュボードが特徴となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4カクタスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエンC4カクタス 1.2 PureTech 110 S&S(FF/5MT)/1.6 e-HDi 92(FF/6AT)【海外試乗記】 2014.7.31 試乗記 最近流行の小型クロスオーバーも、シトロエンが手がけるとこんなに魅力的になる! 単に見た目がユニークなだけではない、シトロエン的逆転の発想に満ちた「C4カクタス」に、オランダ・アムステルダムで試乗した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る