【コレはゼッタイ!】関東自動車FSハイブリッドコンセプト:次世代「センチュリー」の提案?

【コレはゼッタイ!】関東自動車FSハイブリッドコンセプト:次世代「センチュリー」の提案?

関東自動車のブースでひときわ異彩を放っていた「FSハイブリッドコンセプト」。公用車用途も踏まえた高級サルーンの提案だが、高齢者向けのクルマにも生かせそうな、さまざまなノウハウが隠されている。

 
関東自動車FSハイブリッドコンセプト:次世代「センチュリー」の提案?
 
関東自動車FSハイブリッドコンセプト:次世代「センチュリー」の提案?

■見どころは後席にアリ

トヨタグループの一員として、個性的なクルマを手がけることで知られる関東自動車。モーターショー会場で異彩を放っていたのが、「FSハイブリッドコンセプト」。FSはフラッグシップセダンの略。同社のデザイン部門が主導してつくったという「後席にお乗りになる方への」ご提案だ。

パッと見、「リンカーン調のグリルにロールス・ロイスを思わせるヘッドランプ」と形容する人がいるかもしれないが、FSのキモはそこではない。運転手が開けやすいスーサイドドア……じゃなくて、観音開きのリアドアを開くと、目をむくほど足元が広い後部座席が広がる。

実際に後席に座るであろうご年配の方々が楽に乗り降りできるように、フロントシートの背もたれには手すりが設けられ、また、サイドシルは限りなく低く、ほぼ床面とフラットになっている。足をスッと外に出すことができる。ショーファーカーのみならず、高齢者用のクルマにも、FSのノウハウを生かすことができるかもしれない。

ハイブリッドシステムは、「これからの公用車、高級車は、環境に配慮する必要がある」から選ばれた。次世代「センチュリー」としてトヨタに提案? 具体的な動きは、まだしていないという。

(文=青木禎之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。