新型「アウディTTロードスター」が登場【パリサロン2014】

2014.09.24 自動車ニュース
「アウディTTロードスター」
「アウディTTロードスター」 拡大

【パリサロン2014】アウディが新型「TTロードスター」「TTSロードスター」を出展

独アウディは2014年9月24日、フランスで開催されるパリモーターショー(開催期間:2014年10月2日~19日、一般公開は10月4日から)に、新型「TTロードスター」と「TTSロードスター」を出展すると発表した。

TTロードスターおよびその高性能版のTTSロードスターは、2014年3月のジュネーブショーで発表された3代目「TTクーペ」「TTSクーペ」をベースとした2シータ-オープンモデルである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4177×1832×1355mm、ホイールベースは2505mmで、現行モデルよりもホイールベースを37mm延長。マグネシウムやアルミニウム、スチール、プラスチックなどで構成されるソフトトップ単体の重量は39kgと、現行モデルよりも3kg軽量化されている。電動ルーフの開閉に要する時間は10秒で、50km/hまでであれば走行中の操作も可能という。

エンジンは、TTロードスターにディーゼルの「2.0 TDI」(184hp/38.7kgm)とガソリンの「2.0 TFSI」(230hp/37.7kgm)の2種類、TTSロードスターにはガソリンの「2.0 TFSI」(310hp/38.7kgm)が用意され、それぞれ6段MTまたは6段Sトロニックと組み合わされる。

ドイツ本国での発売は、TTロードスターが2014年10月、TTSロードスターは2015年初頭の予定。価格はTTロードスター2.0 TFSI(FF/6MT)の場合で3万7900ユーロ(約530万6000円、1ユーロ=140円で換算)から。

(webCG)
 

関連キーワード:
TTロードスターTTSロードスターアウディパリモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
ホームへ戻る