トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)

本気のトヨタ 2014.09.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。

「タフネス」だけが魅力ではない

主に環境性能の向上を目指した細かな仕様変更は重ねられたものの、目に見えるかたちでのマイナーチェンジはこれが初めて。2002年の登場以来、実に12年もの間、見た目が変わらなかったことになる。われわれの生活の中ではさほど意識されないものにして、それを必要とする方々にとっては代わりの利かない存在。客の要求は明快で、かつ何より求められるのは耐久性や信頼性。こういうクルマを作らせると彼らがゾッとするほど強いのは、何より市場を席巻する「ハイエース」が物語っている。

モデル末期もへったくれもなく、月5000台前後の販売ペースを淡々と守ってきた「プロボックス/サクシード」は、そんなトヨタのトヨタたるゆえんを知るに、最も廉価なクルマである。が、一個人が装備を吟味しながら選ぶような類いのクルマではない。その顧客の9割以上は法人、そしてその大半はリースだ。恐らくディーラーのセールスマンに購入の意思を示したら、若干値段は高くとも見た目品質は比べ物にならないほど立派な「カローラフィールダー」を薦められるだろう。が、僕の周囲にもあえてこのクルマを所有する人が何人かいる。彼らが求めているのは、耐久性や信頼性だけではない。長距離を淡々とであったり、山道を軽快にであったりという、走りにまつわるコストパフォーマンスの高さだ。そこが初のマイナーチェンジでどのように変わったか。僕の興味も多くはそこに割かれていた。

「トヨタ・プロボックス/サクシード」は、「カローラバン/カリーナバン」の後継モデルとして2002年に登場。デビューから12年を経て、今回初の大幅なマイナーチェンジを受けた。
「トヨタ・プロボックス/サクシード」は、「カローラバン/カリーナバン」の後継モデルとして2002年に登場。デビューから12年を経て、今回初の大幅なマイナーチェンジを受けた。
設計が一新されたインパネまわり。実用性を追求するため、必要な場所に必要な収納スペースを配置してから、デザインの作業が行われたという。
設計が一新されたインパネまわり。実用性を追求するため、必要な場所に必要な収納スペースを配置してから、デザインの作業が行われたという。
一部のグレードでは、助手席や後席のウィンドウの開閉は手動式となる。
一部のグレードでは、助手席や後席のウィンドウの開閉は手動式となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る