小さな四駆のフィアット「パンダ4×4」限定発売

2014.09.25 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4」
「フィアット・パンダ4×4」

小さな四駆のフィアット「パンダ4×4」限定発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年9月25日、「フィアット・パンダ」の四輪駆動モデル「パンダ4×4(フォー バイ フォー)」を日本に導入し、同年10月4日から台数限定で販売すると発表した。

パンダ4×4は、先代のパンダにおいてもラインナップされた、四輪駆動モデル。今回正規販売されるのは、2012年9月のパリモーターショーでデビューした最新型である。

日本仕様車のパワーユニットは、875cc直列2気筒ターボ「ツインエア」。トランスミッションは6段MTのみで、電子制御式の4WDシステムを介し4輪を駆動する。
レーザーセンサーを使った衝突被害軽減ブレーキシステム「シティブレーキコントロール」が備わるのもセリングポイントとなっている。

エクステリアは、専用デザインの前後バンパーやアロイホイールなどでドレスアップされる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3685×1670×1615mmと、FFモデルの「パンダ Easy」(3655×1645×1550mm)に比べてやや大きめ。1130kgの車重も、パンダ Easy比で60kg増しとなる。

ハンドル位置は右のみで、価格は251万6400円。
ボディーカラーは3色用意され、それぞれ以下の台数が販売される。
・タスカングリーン(160台)
・アイスホワイト(120台)
・イタリアンレッド(60台)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • 「フィアット500」に青い海をイメージした限定車登場 2017.3.15 自動車ニュース FCAジャパンは2017年3月15日、「フィアット500」に特別仕様車「MareBlu(マーレブル)」を設定し、同年3月25日に100台の台数限定で発売すると発表した。
ホームへ戻る