小さな四駆のフィアット「パンダ4×4」限定発売

2014.09.25 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4」
「フィアット・パンダ4×4」

小さな四駆のフィアット「パンダ4×4」限定発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年9月25日、「フィアット・パンダ」の四輪駆動モデル「パンダ4×4(フォー バイ フォー)」を日本に導入し、同年10月4日から台数限定で販売すると発表した。

パンダ4×4は、先代のパンダにおいてもラインナップされた、四輪駆動モデル。今回正規販売されるのは、2012年9月のパリモーターショーでデビューした最新型である。

日本仕様車のパワーユニットは、875cc直列2気筒ターボ「ツインエア」。トランスミッションは6段MTのみで、電子制御式の4WDシステムを介し4輪を駆動する。
レーザーセンサーを使った衝突被害軽減ブレーキシステム「シティブレーキコントロール」が備わるのもセリングポイントとなっている。

エクステリアは、専用デザインの前後バンパーやアロイホイールなどでドレスアップされる。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3685×1670×1615mmと、FFモデルの「パンダ Easy」(3655×1645×1550mm)に比べてやや大きめ。1130kgの車重も、パンダ Easy比で60kg増しとなる。

ハンドル位置は右のみで、価格は251万6400円。
ボディーカラーは3色用意され、それぞれ以下の台数が販売される。
・タスカングリーン(160台)
・アイスホワイト(120台)
・イタリアンレッド(60台)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る