【コレはゼッタイ!】スズキ・スイフトEVハイブリッド:シリーズ式HVをスズキ流に提案

【コレはゼッタイ!】スズキ・スイフトEVハイブリッド:シリーズ式HVをスズキ流に提案

「スイフトEVハイブリッド」は、すでに実証実験が行われている「スイフト レンジ・エクステンダー」の改良形である。こういう一見「地味」なショーモデルにこそ、明日のクルマ社会がリアルに映っているものだ。

 
【コレはゼッタイ!】スズキ・スイフトEVハイブリッド:シリーズ式HVをスズキ流に提案

■堅実さがスズキらしい

人目を引くかわいい「レジーナ」の脇に、ひっそり(!?)といった感じで展示されていた「スイフトEVハイブリッド」。フロントに658ccエンジン、発電機、モーターを搭載。ラゲッジルームにリチウムイオンバッテリーを積む。

基本はEV。家庭用電源(200V)なら1.5時間で満充電に達し、約30km走行可能だという。走行中にバッテリー切れが近づくとエンジンで発電機を回して充電する、いわゆるシリーズ式ハイブリッドである。シボレーがスポーツカールックの「ボルト」で派手に打ち上げた方式を、堅実なハッチバックで提案するところがいかにもスズキらしい、かも。

「EV状態のとき、エンジンと発電機は単なる重荷ですね」と筆者が意地の悪いコメントを発すると、「航続距離を延ばすために重いバッテリーをたくさん積むのと、どちらがいいのかというハナシです」とエンジニアの方。なるほど。まだ開発途上だが、EV状態からエンジンを使う必要が生じた場合に、乗員に違和感を抱かせないようにするのが難しいという。停車時には、発電機を回すエンジンも停止させるという。

テストベッドに「スイフト」を選んだのは、ボディーの大きさが適当だったからとのこと。このシステムを採用した市販車が登場するころには、もしかしたら車種はアルトになっているかもしれない!?

(文=青木禎之/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
ホームへ戻る