シボレー・コルベット コンバーチブルZ51(FR/6AT)

ナイス・ガイ 2014.10.01 試乗記 “史上最強”とうたわれる、7世代目の「コルベット」。実際に乗ってみたらどうなのか? オープンの上級モデル「コンバーチブルZ51」で、その実力を確かめた。

開けて感心

コルベットはオープンよ、という人のコルベットが、コンバーチブルである。コルベットのイメージリーダーはクーペだろうが、1953年生まれの初代モデルはオープンボディーのみだった。

7代目コンバーチブルは、今回の試乗車Z51で1159万円。クーペのZ51と比べた“屋根開き代”は60万円である。
たとえソフトトップでも、上を閉めたときのほうが剛性感がアップするのはこのオープンコルベットも同じだが、だからといってトップレス時のアルミフレームにヤワな印象はない。

この電動ソフトトップですごいのは、50km/h以下なら走行中でも開閉できること。ゲリラ豪雨対応型だ。試乗日は夕方から小雨が降ったりやんだりし始めたので、実際、40km/h弱で開け閉めしてみた。それくらいになると風圧も相当なはずだが、問題なく作動した。「ダイハツ・コペン」なんか、停車してサイドブレーキまで引かないと開閉できない。このへんはモノの違いというよりも、ポリシーの違いだろう。つまり、こういう校則のユルさもアメリカンの魅力といえる。

もうひとつC7コンバーチブルで感心するのは、車重(1590kg)がクーペより10kgしか重くないことである。0-60mph(96km/h)=3.8秒の加速データ(メーカー公表値)もクーペと変わらない。世界最速クラスのオープンカーである。

テスト車は、7代目となる最新型「コルベット」のオープンモデル。日本では、クーペに遅れること約1カ月、2014年5月末に発売された。
「GTバケットシート」と名付けられたスポーティーなシート。「コンバーチブルZ51」のそれには、表皮に高級なナパレザーがおごられる。
ルーフは、3重構造のソフトトップ。クローズ状態から約20秒でフルオープンにできる。50km/hまでなら走行中でも開閉可能だ。(写真をクリックするとルーフの開閉アクションが見られます)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
ホームへ戻る