「スバルWRX」が1カ月で約3800台を受注

2014.09.26 自動車ニュース
「WRX STI Type S」。ボディカラーはWRブルー・パール。
「WRX STI Type S」。ボディカラーはWRブルー・パール。

「スバルWRX」シリーズが1カ月で約3800台を受注

富士重工業は2014年9月25日、新型「WRX S4/WRX STI」の受注台数が、発表後約1カ月で3835台に達したと発表した。

「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」。ボディーカラーはクリスタルホワイト・パール。
「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」。ボディーカラーはクリスタルホワイト・パール。

■「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」の白が人気

WRX S4/WRX STIの発売は2014年8月25日。両モデル合わせたWRXシリーズ全体の月販目標650台に対し、9月24日時点でその約6倍となる3835台に達した。詳しい受注内容は以下のとおり。

・累計受注台数
WRX S4 1992台(月販目標400台)
WRX STI 1843台(同250台)

・グレード構成比
<WRX S4>
2.0GT-S EyeSight……75%
2.0GT EyeSight……25%
<WRX ST>
STI Type S……55%
STI……45%

・外装色構成比
<WRX S4>
クリスタルホワイト・パール……28%
アイスシルバー・メタリック ……24%
WRブルー・パール……18%
クリスタルブラック・シリカ……17%
ダークグレー・メタリック……9%
ライトニングレッド……4%
<WRX STI>
WRブルー・パール……46%
クリスタルホワイト・パール……24%
クリスタルブラック・シリカ……14%
アイスシルバー・メタリック ……7%
ダークグレー・メタリック……6%
ライトニングレッド……3%

なお、購入者の年齢構成はWRX S4で40~50代が約6割、WRX STIで30~40代が約7割となっており、全体で見ると40代が中心になっているとのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
WRX STIWRX S4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表 2017.10.27 自動車ニュース スバルがSTIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表。「スバルWRX STI」をベースにエンジンやサスペンション、ボディーなどクルマ全体に改良を施すことで、「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビング」が追求されている。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記