レクサスNX300h“バージョンL”(4WD/CVT)

ボディーもアシも力作 2014.10.07 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「NX」。個性的なエクステリアをまとうニューモデルのハイブリッド・4WD仕様に試乗した。

レクサス的な静かさ

「レクサスNX」で面白いのは、2リッター直噴ターボの「200t」と、2.5リッターハイブリッド「300h」という2種類のバリエーションに、明確なヒエラルキーがないことである。価格こそ200tが少し安めの設定なのだが、動力性能は200tのほうが高いのだ。
追い越しなどの加速タイム各種も総じて200tのほうが速く、それは加減速のピックアップなどの体感とも符合する。日本仕様はもちろん全車が最高速度180km/hだが、欧州仕様の最高速度では200tが20km/hほど上回っている。

NX200tに搭載されるトヨタ初のダウンサイジング過給エンジンは、ゼロからの完全新開発。いかにも最新ターボらしいパワフルさなのに、いわゆる“ドッカン”な感覚が不思議なほど薄い。この種のエンジンとしては滑らかで扱いやすいが、意外にも国産車では屈指の歴史をもつトヨタ製ターボ伝統(?)の「ガ行のノイズ」が多めの音に、「安っぽい」と否定的イメージを持たれる可能性はある。

今回の300hは、それとは対照的に、いかにもレクサス的に静かだ。過給が立ち上がってからのトルク感は、上記のように200tに分があるかわりに、踏み込んだ瞬間のピックアップは電気動力をもつ300hが優勢。
車両重量は想像どおりに200tより50~60kg重いのだが、フロント軸重はともにほぼ同等なので、300hは全体に重厚な身のこなしであっても、ステアリングレスポンスが目に見えて鈍重というわけでもないのだ。

今回は後輪にモーターが追加される4WD仕様だったが、一部ブランドのそれのように、曲がりを積極的に後押しするタイプではなく、滑りやすい場面や荒っぽい運転でも終始安定した身のこなしで、後から「ああ、4WDだったのか」と気づくタイプといえる。その味つけは、エンジントルクを油圧多板クラッチで分散する200tも似たようなものなので、これがレクサス……というか、トヨタのFFベース4WDの基本的な考え方である。

「NX300h」に搭載されるハイブリッドシステムは、2.5リッター直4エンジン(152ps/5700rpm、21.0kgm/4400-4800rpm)をモーター(143ps、27.5kgm)がアシスト。4WDモデルのテスト車にはさらにリアモーター(68ps、14.2kgm)が加わる。
テスト車の内装色はガーネットが選択されていた。
本革シートは、前席にベンチレーション機能が備わる。
後席には電動リクライニングと電動格納機能が備わっている。
車両の揺れを検知し、路面の凹凸に応じて駆動用モーターのトルクをきめ細かく制御することで車体の揺れを抑制する「ばね上制振制御」が「NX300h」には標準で装備される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る