第260回:氷上の「アシンメトリコ」の実力は?
ピレリの新作「ICE ASIMMETRICO」を試す

2014.09.29 エッセイ
ピレリ・アイス アシンメトリコを履くテスト車の「BMW 3シリーズ」。
ピレリ・アイス アシンメトリコを履くテスト車の「BMW 3シリーズ」。

ピレリは2014年7月14日、スタッドレスタイヤの新製品「ICE ASIMMETRICO(アイス アシンメトリコ)」を発表した。その実力を試すために、冬のまっただ中にある南半球のニュージーランドを訪れた。

対象車種はコンパクトカーからプレミアムサルーン、そしてSUVまでと幅広い。
対象車種はコンパクトカーからプレミアムサルーン、そしてSUVまでと幅広い。
アイス アシンメトリコの開発コンセプトは「パワーとコントロール」。
アイス アシンメトリコの開発コンセプトは「パワーとコントロール」。
テスト車の「アウディQ5 2.0 TDIクワトロ」。
テスト車の「アウディQ5 2.0 TDIクワトロ」。

日本の冬を研究した新製品

ピレリの新しいスタッドレスタイヤ、アイス アシンメトリコのキーワードは、ずばり同社のDNAである「パワーとコントロール」だ。特に氷雪路における正確なハンドリングと力強いトラクション、確実なブレーキングの獲得を目標にしており、日本や中国をはじめとするアジアパシフィック市場に向けて開発された。

ピレリはスタッドレスタイヤを開発するにあたり、「販売する現地の使用実態を踏まえた製品作り」を掲げている。日本や中国を「およそ気温は-5度から5度ぐらい、ところによっては雪深く、滑りやすい氷の路面ものぞき、ヨーロッパと比べて道の流れが遅い」マーケットと分類しており、まずは「アイス路面でのトラクションとハンドリング」の確保が重要と考えている。これに「スノー路面におけるトラクションとハンドリング」が続く。

アイス アシンメトリコの開発自体はピレリの本拠地であるイタリアで行われたが、開発テストは日本でも行われたそうだ。また、正式発売前の2013年には、同製品(205/55R16サイズ)を日本で限定的に販売し、事前のマーケットテストを行っており、購入者の評価は上々だったとのことだ。

アジアパシフィック向けの製品とうたわれるが、こういった事実からも、アイス アシンメトリコが日本を重視した製品であることがうかがわれる。なお、生産は中国・山東省にあるYanzhou(エン州)工場で行われている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ