第367回:「フェラーリ命」なおじさんたちの地下駐車場

2014.10.03 エッセイ

民間駐車場ブーム到来

イタリアでは数年前、シチリアの公立病院に「航空機恐怖症外来」が開設されて話題となった。本物の旅客機と同じモックアップのなかで実際のフライトに近い状況を体験し、搭乗に対する恐怖を徐々に取り除いてゆくものだ。健康保険も適用されるという。

イタリア人には飛行機嫌いが少なくない。例えば知り合いのおばちゃんは、サルデーニャ島とスイスに親戚がいるが、本人は一度も彼らを訪ねたことがなく、先方が訪ねてくるのを待つのみである。
またボク自身は、離着陸時になると冷や汗をタラタラと流し、祈りの姿勢に入るイタリア人をこれまで何度も目撃している。イタリア人が多く乗る飛行機では、着陸時に無事到着の拍手が湧くことも少なくない。実際、最新調査でも、夏のバカンスに飛行機を使うイタリア人は、2割ちょっとにすぎない。

しかし格安航空会社(LCC)の台頭は、人々の飛行機に対する意識を変えつつある。折からの燃料価格高騰でクルマの旅のコストが上がったこともあり、人々の間に「我慢して飛行機に乗れば安く旅ができる」という意識が芽生えてきたのだ。
同時に、イタリアでも核家族化が進んで共稼ぎ家庭が増えた結果、今までのように送迎を頼れる人が少なくなった。そこで活況を呈してきたのが、ずばり空港周辺の民間駐車場である。日本では成田空港が開港した頃からあった、あれである。
本欄の第363回で紹介したような空港内の公共駐車場より格安に設定してあることから、ボクも近年は積極的に使うようになった。大抵空港からちょっと離れたところにあるが、「フォード・トランジット」といった欧州式ミニバンに客と荷物を載せて、ターミナルとの間を送迎してくれる。

だがこうした民間駐車場、イタリアでは業者によってクオリティーに差があるのも事実である。
まずは送迎車の車内が汚かったり、シートベルトがはるか昔から使われていなかったと思われる状態だったりする。ドアが中から開かないこともあった。
次に、夏はアルバイトが多く、応対がずさんなことが多い。彼らと接するのは、出発時と到着時だけに、旅の印象を左右する。あるときは、帰ってきたら自分のクルマのバンパーにかすり傷をつけられていたこともある。それはまだしも、飛行機到着後に呼び出してから「どこを寄り道してきたんだよ」と思うくらい、やたら時間がかかる業者もいる。ネットオークションでいうところの「神経質な方はご遠慮ください」のムードが漂っているのだ。

アルドさんが経営する、フィレンツェの空港駐車場「ガレージアルド」は地下式である。
アルドさんが経営する、フィレンツェの空港駐車場「ガレージアルド」は地下式である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。