ランボルギーニ・ウラカンLP610-4(4WD/7AT)

ランボの新時代ここに始まる 2014.10.02 試乗記 「ガヤルド」の成功に甘んじることなく、「ウラカン」で“攻めのモデルチェンジ”を敢行したランボルギーニ。そのステアリングを握って筆者が感じたのは、このモデルはゴールなどではなく、ランボルギーニの新時代を示唆する、むしろスタートであったということだった。富士スピードウェイで試乗した。

“異様”なまでの存在感

今も昔も富士スピードウェイの名物の、1.5kmにも及ぼうという長いホームストレート。その半ばの、コンクリートウォールごしに平行するピットレーンに、ランボルギーニ発の新しい猛牛、ウラカンが並べられた姿は、やはり壮観だ。

シザーズドアがこれ見よがしに跳ね上がり、乗り降りそのものが“エンターテインメント”と化する「アヴェンタドール」に比べれば、前ヒンジで開くオーソドックスなドアを備えたこちらは、少しは「身の丈に近いモデル」と言えるのかもしれない。

けれども、その独特の佇(たたず)まいから発せられるオーラの強さは、やはり並のスポーツカーとは一線を画したもの。それはまず、まさに“異形”と形容をするべきその独特なプロポーションに由来する。

4.5m弱と1.9mをわずかに超える全長×全幅サイズには、驚きはない。が、そこに1.2mに満たない全高が組み合わされるとなれば、その佇まいにはもはや「フツーではない」感が一杯だ。

かくして、“そうした物体”が5台も6台もまとまってうずくまるとなれば、そこに一種異様な空気が漂うことは避けようがない。

「アジアで初めての開催」と紹介されたウラカンのサーキット試乗会は、いかにもエクスクルーシブでエキゾチックな雰囲気が漂う、そうしたシーンと共にスタートを切った。

ピットレーンにうずくまる「ウラカン」の群れ。
ピットレーンにうずくまる「ウラカン」の群れ。
試乗はインストラクターが操る先導車に続くかたちで行われた。
試乗はインストラクターが操る先導車に続くかたちで行われた。
ボディーのスリーサイズは4459×1924×1165mm。ウエッジ形状をとるボディーの各所に、モダンランボルギーニのシンボルフォームである六角形がちりばめられている。
ボディーのスリーサイズは4459×1924×1165mm。ウエッジ形状をとるボディーの各所に、モダンランボルギーニのシンボルフォームである六角形がちりばめられている。
車体後部のリップスポイラーとディフューザーだけで十分なダウンフォースが得られるため、可変式リアスポイラーの類いは持たない。
車体後部のリップスポイラーとディフューザーだけで十分なダウンフォースが得られるため、可変式リアスポイラーの類いは持たない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露 2017.4.15 自動車ニュース ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を披露した。6.5リッターV12エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。車両価格は4490万4433円。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る