「メガーヌR.S.」にさらなる高性能モデル

2014.09.30 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR」
「ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーR」

「ルノー・メガーヌR.S.」にさらなる高性能モデル

ルノー・ジャポンは2014年9月30日、高性能スポーツクーペ「メガーヌ ルノースポール」に、さらなるチューニングを施した「トロフィー」「トロフィーS」「トロフィーR」を台数限定で日本に導入すると発表した。発売は2015年春を予定している。

「メガーヌ ルノースポール トロフィー」
「メガーヌ ルノースポール トロフィー」
「メガーヌ ルノースポール トロフィーS」
「メガーヌ ルノースポール トロフィーS」

■チューニング度合いの異なる3モデルを導入

メガーヌ ルノースポール トロフィーは、「メガーヌ ルノースポール シャシー カップ」をベースに、5000回転以上でのトルクの落ち込みを抑えるようチューニングしたエンジンを搭載したモデル。軽量なアクラポヴィッチ製チタンマフラーも装備している。

これをベースに専用の足まわりを採用したのがトロフィーSで、オーリンズ製の1ウェイアジャスタブルフロントダンパーやスピードライン製19インチブラックアロイホイールを装備。タイヤにはミシュランの「パイロットスポーツカップ2」を装着している。

トロフィーRは、このトロフィーSをベースに軽量化のために後席を撤去し、コンポジットフロントスプリングやスピードライン製19インチレッドアロイホイールを採用したモデルである。なお、同車はドイツのニュルブルクリンク北コースで、量販FF車最速となる7分54秒36を記録している(2014年6月現在)。

発表会では、2014年6月にニュルブルクリンクでタイムアタックを行った「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」が展示された。
発表会では、2014年6月にニュルブルクリンクでタイムアタックを行った「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」が展示された。
「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」のインパネまわり。
「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」のインパネまわり。
タイムアタックを行った「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」のエンジン。通常のものより16kg軽いというリチウムイオンバッテリーが搭載されていた。
タイムアタックを行った「メガーヌ ルノースポール トロフィーR」のエンジン。通常のものより16kg軽いというリチウムイオンバッテリーが搭載されていた。
「トロフィーR」に装備されるスピードライン製の19インチレッドアロイホイールと、ハイグリップタイヤの「ミシュラン・パイロットスポーツカップ2」。
「トロフィーR」に装備されるスピードライン製の19インチレッドアロイホイールと、ハイグリップタイヤの「ミシュラン・パイロットスポーツカップ2」。
発表会にはF1ドライバーのパストール・マルドナド選手(中央)や、元陸上選手の為末 大さん(右)も出席。「常に学習すること、フレキシブルな状態を保ち続けること」「自分の限界に挑戦することを無邪気に楽しんでほしい」など、速さを競うアスリートとしてのこだわりや心構えなどを語った。
発表会にはF1ドライバーのパストール・マルドナド選手(中央)や、元陸上選手の為末 大さん(右)も出席。「常に学習すること、フレキシブルな状態を保ち続けること」「自分の限界に挑戦することを無邪気に楽しんでほしい」など、速さを競うアスリートとしてのこだわりや心構えなどを語った。

これらを含む、各モデルの装備内容や特徴は以下の通り。

メガーヌ ルノースポール トロフィー
・5000回転以上のトルクの落ち込みをこれまでより抑えるようエンジンをチューニング
・最高出力が273psに向上
・カーボンエンド付きアクラポヴィッチ製チタンマフラー
・レザー調/アルカンターラコンビレカロシート
・アルカンターラステアリング/サイドブレーキハンドル/シフトブーツ
・18インチブラックアロイホイール
・専用F1タイプエアインテークブレード(シルバー)
・「TROPHY」ロゴ入り専用クロムキッキングプレート

メガーヌ ルノースポール トロフィーS
上記メガーヌ ルノースポール トロフィーから以下の装備を変更。
・オーリンズ製1ウェイアジャスタブルフロントダンパー
・スピードライン製19インチブラックアロイホイール
・ミシュラン・パイロットスポーツカップ2

メガーヌ ルノースポール トロフィーR
上記メガーヌ ルノースポール トロフィーSから以下の装備を変更。
・コンポジットフロントスプリング
・アルカンターラモノコックレカロシート
・2シーター
・スピードライン製19インチレッドアロイホイール
・専用F1タイプエアインテークブレード(レッド)
・「TROPHY-R」ロゴ入り専用クロムキッキングプレート

ボディーカラーは、トロフィーには「ジョン シリウス メタリック」「ブラン ナクレ メタリック」「ノワール エトワール メタリック」「グリ カシオペ メタリック」の4色を、トロフィーSにはジョン シリウス メタリックのみ、トロフィーRにはブラン ナクレ メタリックのみを設定。価格および販売予定台数は以下の通り。

・メガーヌ ルノースポール トロフィー:426万円(90台)
・メガーヌ ルノースポール トロフィーS:477万円(60台)
・メガーヌ ルノースポール トロフィーR:499万円(60台)
※価格はいずれも予定。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 JAIA輸入車試乗会2017 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る