ロータス・エキシージSロードスター(MR/6MT)

これぞロータスの本領 2014.10.06 試乗記 単にルーフを切っただけにあらず。「ロータス・エキシージS」のオープンバージョンは、走りに関してもクーペとは一線を画すものだった。

「エキシージのオープン版」という矛盾

悦に入る、とはこういうことを言うのだと思う。
ロータス・エキシージSロードスター。その乗り味は、すでに登場していたクーペモデルとはまた違う、独特な“軽み”を持っていた。

正直このロードスターが登場すると聞いたときは、大きな違和感を持った。もともと、エキシージはいわば“クーペ版「エリーゼ」”であり、シャシーも同じ、ルーフのないアルミ製の「スモールプラットフォーム」を使用している。よってその屋根を取り去ることは容易ではあるのだが、「それで筋が通るの?」と疑ったからである。

とはいえエリーゼを大幅にワイドボディー化し、サブフレームまで新設して直列4気筒エンジンからV6スーパーチャージャーへと積み替えた現在のエキシージSは、もはやエリーゼとは別のクルマともいえる。一回り大きなスポーツカーをオープンモデル化することは、直接のライバルである「ポルシェ・ボクスター」への挑戦状にもなりうる。ラグジュアリー路線を拡大するなら、「エヴォーラ」をロードスター化する方法もあったわけで、とにかく安易に作ったのでなければよいのだが……と心配していたわけである。

先にも述べた通り、ロードスターはその基本構造をクーペモデルと共用している。というよりもそのルーフと、前後のスポイラーを取り去っただけで、あとは全く同じだ。しかしその印象は、良い具合にコンサバなエキシージSといった佇(たたず)まいで、もともと美しいプロポーションを持つ同車が、よりハッキリとそのセクシーな姿態を強調することに成功していた。
内装も素晴らしい。アルミ製のセンタートンネルや、インパネに貼り込まれたレザー(プレミアムパックに含まれる)は、薄皮一枚で一気にムードを盛り上げる。戦闘的なコックピットをさらりと装飾するだけで、そこには70年代のスポーツカーにも通じる、貴族的なストイシズムが少し漂っていた。

オープンモデルの「ロータス・エキシージSロードスター」は、クーペから1年以上遅れて、2014年9月に日本導入が開始された。
オープンモデルの「ロータス・エキシージSロードスター」は、クーペから1年以上遅れて、2014年9月に日本導入が開始された。
インテリアのデザインはクーペと共通。太くて嵩(かさ)のあるサイドシルはそのままだが、オープン時にはルーフがない分、クーペより楽に乗降できる。
インテリアのデザインはクーペと共通。太くて嵩(かさ)のあるサイドシルはそのままだが、オープン時にはルーフがない分、クーペより楽に乗降できる。
プレミアムパックに含まれるフルレザースポーツシート。クーペのそれとは違い、座面にクロスステッチが施されている。
プレミアムパックに含まれるフルレザースポーツシート。クーペのそれとは違い、座面にクロスステッチが施されている。
プレミアムパックを選択すると、ドアにもレザー製のトリムがあしらわれる。トリムの色は「エボニーブラック」「ベノムレッド」「アイボリーホワイト」「アッシュグレー」「ココアブラウン」「コニャックブラウン」「インペリアルブルー」から選択可能。
プレミアムパックを選択すると、ドアにもレザー製のトリムがあしらわれる。トリムの色は「エボニーブラック」「ベノムレッド」「アイボリーホワイト」「アッシュグレー」「ココアブラウン」「コニャックブラウン」「インペリアルブルー」から選択可能。

ロータス・エキシージSロードスター(MR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る