より安全で低燃費な「プレミオ/アリオン」登場

2014.09.29 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ1.5F“EXパッケージ”」
「トヨタ・プレミオ1.5F“EXパッケージ”」

より安全で低燃費な「トヨタ・プレミオ/アリオン」登場

トヨタ自動車は2014年9月29日、4ドアセダン「プレミオ/アリオン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「トヨタ・アリオンA15“G-plusパッケージ”」
「トヨタ・アリオンA15“G-plusパッケージ”」

今回の改良では、1.5リッターのFF車にアイドリングストップ機構を採用。燃費を19.2km/リッターに改善した。

また安全装備に関しては、車両の姿勢制御装置である「S-VSC(Steering-assisted Vehicle Stability Control)」と坂道発進の際の車両後退を抑制するヒルスタートアシストコントロールを全車に搭載。4WD車には、走行状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分する電子制御式のアクティブトルクコントロール4WDを採用した。

価格はプレミオが184万7782円~284万400円、アリオンが183万6982円~278万9345円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る