より安全で低燃費な「プレミオ/アリオン」登場

2014.09.29 自動車ニュース
「トヨタ・プレミオ1.5F“EXパッケージ”」
「トヨタ・プレミオ1.5F“EXパッケージ”」

より安全で低燃費な「トヨタ・プレミオ/アリオン」登場

トヨタ自動車は2014年9月29日、4ドアセダン「プレミオ/アリオン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「トヨタ・アリオンA15“G-plusパッケージ”」
「トヨタ・アリオンA15“G-plusパッケージ”」

今回の改良では、1.5リッターのFF車にアイドリングストップ機構を採用。燃費を19.2km/リッターに改善した。

また安全装備に関しては、車両の姿勢制御装置である「S-VSC(Steering-assisted Vehicle Stability Control)」と坂道発進の際の車両後退を抑制するヒルスタートアシストコントロールを全車に搭載。4WD車には、走行状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分する電子制御式のアクティブトルクコントロール4WDを採用した。

価格はプレミオが184万7782円~284万400円、アリオンが183万6982円~278万9345円。

(webCG)
 

関連キーワード:
プレミオアリオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る