第7回:圏央道開通!! ただし7割(その6)
真下から見上げていた道を走る

2014.10.06 エッセイ

見上げていた八王子JCT

おお、ここが、あの八王子JCT か。

圏央道は進むにつれ(=開通の時期が新しい区間になるにつれ)、道路構造が立派になっているように見えるのが不思議だった。

八王子JCTも同様に立派で、さすが新品の「第1種(=高速道路)3級(設計速度80km/h)」だけのことはあると感じると同時に、視点が変わると、こうも見え方が違うものかと感慨にふけりながらその場を通過する私だった。

実は私は、この八王子JCTの建設が始まった頃から、工事の状況を、ジャンクション直下の裏高尾町、摺指(するさし)地区から見上げるようにして何度も眺めていた。頭上高くで徐々にループ状の道ができあがっていくさまは、真下の町からは何とも暴力的な建造物に見えたものだ。

けれど、なのである。

開通した圏央道を走るドライバーの目に映るのは、きれいで立派な構造のジャンクションでしかない。その真下に裏高尾という集落があって、そこに住む人たちは、徐々にできあがっていくジャンクションを見上げながら、高尾山にトンネルを掘っちゃだめだ、と声を上げていた。そんな事実があったなんて、八王子JCTを通過していくドライバーは、ほとんど誰も知らないのだ。

おお、これが、あのとき真下から見上げて「暴力的な構造だ」と恐怖感さえ覚えた八王子JCTか。

実に感慨深いドライブだった。

中央道と圏央道を接続する八王子JCT。
中央道と圏央道を接続する八王子JCT。
先に見えるのが高尾山。
先に見えるのが高尾山。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。