「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車

2014.10.02 自動車ニュース
「ダイハツ・タントカスタムX“トップエディションSA”」
「ダイハツ・タントカスタムX“トップエディションSA”」

「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車

ダイハツ工業は2014年10月1日、軽スーパーハイトワゴン「タント」に特別仕様車「タントカスタム トップエディションSA」を設定し、発売した。

 
「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車の画像
 
「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車の画像
 
「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車の画像
 
「ダイハツ・タント」に豪華な特別仕様車の画像

■LEDや専用のシート表皮などで内外装をコーディネート

今回の特別仕様車は、タントカスタムの「X」「RS」をベースに、表皮にファブリックとソフトレザー調素材を用いたコンビシートや、ブルーLEDのフロントグリルイルミネーションなどといった特別装備を採用したものである。

具体的な装備の内容は以下の通り。
・衝突回避支援システム「スマートアシスト」
・フロントグリルLEDイルミネーション(ブルー)
・トップシェードガラス
・専用ファブリック×ソフトレザー調シート(シルバーステッチ)
・プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)
・プレミアムシャインブラック&ファブリックアームレスト(専用ファブリック、運転席/助手席)
・チルトステアリング
・運転席シートリフター
・純正ナビ装着用アップグレードパック(ステアリングスイッチ、バックカメラ、リアスピーカー&ツイーター)

価格は以下の通り。
・カスタムX“トップエディションSA”(FF):162万6000円
・カスタムX“トップエディションSA”(4WD):175万457円
・カスタムRS“トップエディションSA”(FF):172万8343円
・カスタムRS“トップエディションSA”(4WD):185万2800円

「ブラックインテリアパック」装着車のインパネまわり。
「ブラックインテリアパック」装着車のインパネまわり。
「ブラックインテリアパック」装着車のシート。
「ブラックインテリアパック」装着車のシート。

■カスタム以外でも黒い内装が選択可能に

また、今回は上記の特別仕様車の設定と同時に、カタログモデルの一部改良を実施。標準モデルの「L」を除く全グレードにスーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)、スーパークリーンエアフィルターを標準装備としたほか、新たなパッケージオプションとして、標準モデルでも黒基調のインテリアの選択を可能とする「ブラックインテリアパック」を設定した。

ブラックインテリアパックの詳細は以下の通り。
・ブラックインテリア(シート表皮、インパネ、ドアトリム)
・シルバーインパネガーニッシュ
・エアコンセンターレジスターリング(シルバー加飾付き)
・メッキレジスターエアコンノブ
・メッキインナードアハンドル(運転席/助手席)
・SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)
・チルトステアリング
・運転席シートリフター
・リアアンダーミラー

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る