ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化

2014.10.02 自動車ニュース
「ボルボV60」
「ボルボV60」

ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化

ボルボ・カー・ジャパンは2014年10月1日、「60シリーズ(S60/V60/XC60)」に一部改良を実施し、2015年モデルとして販売を開始した。

■安全装備とインフォテインメントシステムを強化

今回の改良では、これまでオプション扱いだった「セーフティ・パッケージ」の内容にリアビューカメラを加えた、全10種類の安全装備・運転支援機能を、「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」として全モデルに標準装備した。

また「SENSUS(センサス)」と呼ばれるオーディオやカーナビゲーションなどの操作システムについても改良を実施しており、操作画面を一新したほか、新たにインターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能を追加。カーナビゲーションをデータの無償更新サービスである「マップケア」に対応させたほか、ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器を標準装備とした。

このほかにも、12個のスピーカーを搭載し、総出力650Wを発生するharman/kardon(ハーマンカードン)製の「プレミアムサウンド・オーディオシステム」を新たに採用した(各モデルの「T6 AWD R-DESIGN」に標準装備。それを除き、かつS60/V60の「T4」とXC60の「T5」以外のグレードにオプション設定)。

上記以外の変更点は以下の通り。
・フレームレスデザインのルームミラーを採用
・センタースタックの4つの円形ダイヤル外周部をシルクメタル仕上げに変更
・「3ドライビングモード選択式FOUR-C アクティブパフォーマンスシャシー」の価格を変更(15万円)
・「デジタル・オーナーズマニュアル」の導入
・「パーク・アシスト(リア)」を標準装備(S60/V60 T4)
・新デザインの16インチアルミホイール“Hera”(シルバー)を採用(S60/V60 T4)

 

価格は以下の通り。

「S60」
「S60」

S60
・S60 T4:395万円
・S60 T4 SE:430万円
・S60 T4 R-DESIGN:495万円
・S60 T5 SE:455万円
・S60 T5 R-DESIGN:520万円
・S60 T6 AWD:565万円
・S60 T6 AWD R-DESIGN:645万円

「V60」
「V60」

V60
・V60 T4:415万円
・V60 T4 SE:450万円
・V60 T4 R-DESIGN:515万円
・V60 T5 SE:475万円
・V60 T5 R-DESIGN:540万円
・V60 T6 AWD:585万円
・V60 T6 AWD R-DESIGN:665万円

「XC60」
「XC60」

XC60
・XC60 T5:519万円
・XC60 T5 SE:579万円
・XC60 T5 R-DESIGN:655万円
・XC60 T6 AWD:619万円
・XC60 T6 AWD SE:649万円
・XC60 T6 AWD R-DESIGN:719万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
ホームへ戻る