ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化

2014.10.02 自動車ニュース
「ボルボV60」
「ボルボV60」
    拡大

ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化

ボルボ・カー・ジャパンは2014年10月1日、「60シリーズ(S60/V60/XC60)」に一部改良を実施し、2015年モデルとして販売を開始した。

■安全装備とインフォテインメントシステムを強化

今回の改良では、これまでオプション扱いだった「セーフティ・パッケージ」の内容にリアビューカメラを加えた、全10種類の安全装備・運転支援機能を、「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」として全モデルに標準装備した。

また「SENSUS(センサス)」と呼ばれるオーディオやカーナビゲーションなどの操作システムについても改良を実施しており、操作画面を一新したほか、新たにインターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能を追加。カーナビゲーションをデータの無償更新サービスである「マップケア」に対応させたほか、ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器を標準装備とした。

このほかにも、12個のスピーカーを搭載し、総出力650Wを発生するharman/kardon(ハーマンカードン)製の「プレミアムサウンド・オーディオシステム」を新たに採用した(各モデルの「T6 AWD R-DESIGN」に標準装備。それを除き、かつS60/V60の「T4」とXC60の「T5」以外のグレードにオプション設定)。

上記以外の変更点は以下の通り。
・フレームレスデザインのルームミラーを採用
・センタースタックの4つの円形ダイヤル外周部をシルクメタル仕上げに変更
・「3ドライビングモード選択式FOUR-C アクティブパフォーマンスシャシー」の価格を変更(15万円)
・「デジタル・オーナーズマニュアル」の導入
・「パーク・アシスト(リア)」を標準装備(S60/V60 T4)
・新デザインの16インチアルミホイール“Hera”(シルバー)を採用(S60/V60 T4)

 

価格は以下の通り。

「S60」
「S60」
    拡大

S60
・S60 T4:395万円
・S60 T4 SE:430万円
・S60 T4 R-DESIGN:495万円
・S60 T5 SE:455万円
・S60 T5 R-DESIGN:520万円
・S60 T6 AWD:565万円
・S60 T6 AWD R-DESIGN:645万円

「V60」
「V60」
    拡大

V60
・V60 T4:415万円
・V60 T4 SE:450万円
・V60 T4 R-DESIGN:515万円
・V60 T5 SE:475万円
・V60 T5 R-DESIGN:540万円
・V60 T6 AWD:585万円
・V60 T6 AWD R-DESIGN:665万円

「XC60」
「XC60」
    拡大

XC60
・XC60 T5:519万円
・XC60 T5 SE:579万円
・XC60 T5 R-DESIGN:655万円
・XC60 T6 AWD:619万円
・XC60 T6 AWD SE:649万円
・XC60 T6 AWD R-DESIGN:719万円

(webCG)
 

関連キーワード:
XC60V60S60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • アウディが「Q3」など4モデルに充実装備の限定車を設定 2018.5.8 自動車ニュース アウディの「A3セダン」「A3スポーツバック」「TT」「Q3」に充実した装備が魅力の限定車登場。通常はオプション扱いとなるSラインパッケージや、運転支援システムのアシスタンスパッケージなどが標準装備となる。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
ホームへ戻る