第8回:圏央道開通!! ただし7割(その7)
都心を経由するクルマはホントに減少しているのか

2014.10.10 エッセイ

新たに開通した区間を走ってみると

高尾山トンネルを抜けると、そこから先、相模原愛川ICまでの14.8kmの区間は取材日の1週間前(6月28日)に開通したばかりだけあって、いかにも新品、そして何より、いかにも1種2級(高速道路・設計速度100km/h)の高規格道路らしい、見栄えからして立派な道になっていた。

鶴ヶ島JCTからこの地点に至るまでずっと思っていたのだけれど、圏央道、いざ走ってみると、想像していたよりはるかに交通量が多いのである。平日だというのに乗用車やら観光バスやらがたくさん走っていて、逆に、多いと予想していた大型トラックの姿が、拍子抜けするくらい少なかった。

“そもそも”を言いだせば、第3回で書いたとおり、圏央道は、50年以上も前、池田内閣時代の全国総合開発計画を基にする産業道路である。それから時代は移り、しかし、それでも「3環状9放射ネットワーク」だとか、後述するけれど「都心経由から圏央道経由への転換」だとか、ことあるごとに圏央道建設の意義を国などはいってきたわけだ。すると、その言葉を聞かされてきたわれわれは、当然のごとく、圏央道って大型トラックがたくさん走るんだよね、と思う。少なくとも、俺はそう思い込んでいた。だからこそ、圏央道を走ってみて、あれ~ッ、大型トラック、あんまり走ってないんだね、と、拍子抜けしてしまうわけなのである。

新たな区間が開通(高尾山IC~相模原愛川IC)したことで、圏央道はますます存在意義を高めています、みたいな資料を国交省とNEXCO中日本が記者発表資料としてだしているけれど、そのなかに「都心を通らず、目的地へ」のデータが示されていた。

「圏央道がつながっていない現状では、首都高速や環状8号線など、都心経由が約9割。このため、都心部では慢性的な渋滞が発生。大型車が規格の高い道路を利用せず、さまざまな道路に高い負荷」という調子で圏央道の必要性を説き、資料はさらに、都心を経由している9割の車両のうち、「68%が大型車」だとの数字を示していた。

ふ~む、9割も都心を経由していたとなると、しかも、そのうちの7割弱が大型車ということであれば、今回の開通で、さぞかし大型車の迂回(うかい)路として圏央道は大活躍となるわけなのだな、と、資料を示されたわれわれは素直に思う。

それなのに……なのである。

新しく開通した高尾山ICから相模原愛川IC間の道。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。