第84回:ポルシェから乗り換えたクルマが成功を導く
『ミリオンダラーアーム』

2014.10.03 エッセイ

『きっと、うまくいく』から続く快進撃

インドの快進撃は、まだ続いている。2013年の『きっと、うまくいく』はインド映画の新時代を感じさせる傑作だった。『ムトゥ 踊るマハラジャ』のようなダンスと音楽まみれの徹底したエンターテインメントムービーもいいのだけれど、そうではないタイプの作品もあることが知られるようになった。

2014年の夏に公開された『マダム・イン・ニューヨーク』も、新感覚のインド映画だった。ほとんどのシーンがニューヨークで撮影され、アメリカ人やフランス人、イラン人などが出演する。インドの平凡な主婦が言葉の通じないアメリカで英語学校に通ううちに自分の姿を見つめなおしていくというストーリーで、当然会話も英語である。ぱっと見ではインド映画には見えない作りだが、ヒロインを演じるシュリデヴィ(超美人!)はいつもきれいなサリーを着ているし、お約束のダンスも取り入れている。アイデンティティーを保ちつつも世界の市場に開かれた作りの作品だった。

『ミリオンダラーアーム』は、ディズニー提供のアメリカ映画で、『スラムドッグ$ミリオネア』や『ライフ・オブ・パイ』のようにインド人とインド文化を素材にした作品である。両作品の出演者が、この作品にも出ている。『スラムドッグ$ミリオネア』で弟にひどいことをしたマドゥル・ミッタルと、『ライフ・オブ・パイ』でトラと戦ったスラージ・シャルマだ。ふたりは、インドからアメリカに渡ってメジャーリーガーになる夢をかなえた青年を演じる。実話を元にした物語である。

© 2014 Disney Enterprise, Inc. All Rights Reserved.
© 2014 Disney Enterprise, Inc. All Rights Reserved.

第84回:ポルシェから乗り換えたクルマが成功を導く『ミリオンダラーアーム』の画像

第84回:ポルシェから乗り換えたクルマが成功を導く『ミリオンダラーアーム』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。