「日産セレナ」に装備充実の特別仕様車

2014.10.02 自動車ニュース
「日産セレナ ハイウェイスター Vセレクション+Safety S-HYBRID“アドバンスドセーフティパッケージ”」。
「日産セレナ ハイウェイスター Vセレクション+Safety S-HYBRID“アドバンスドセーフティパッケージ”」。

「日産セレナ」に装備充実の特別仕様車

日産自動車は2014年10月1日、ミニバン「セレナ」の特別仕様車「Vセレクション+Safety(プラスセーフティ)」を発売した。

LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ
16インチアルミホイール
16インチアルミホイール
ワンタッチオートスライドドア(写真は操作イメージ)
ワンタッチオートスライドドア(写真は操作イメージ)

セレナのVセレクション+Safetyは、「ハイウェイスター S-HYBRID」(FF車)と「ハイウェイスター」(4WD車)、「ハイウェイスター S-HYBRID“アドバンスドセーフティパッケージ”」(FF車)、「ハイウェイスター“アドバンスドセーフティパッケージ”」(4WD車)をベースとする特別仕様車。
オプションのLEDヘッドランプ、ワンタッチオートスライドドア(両側/挟み込み防止機構付き)、16インチアルミホイールを標準で装備する。

さらに、防水シートやロングアシストレール、バックドアインナーフックなどの機能的なアイテムからなる「クロスギアパッケージ」がオプションで設定される。

また、今回の特別仕様車の発売にあわせて、「20X S-HYBRID」(FF車)、「20X S-HYBRID“アドバンスドセーフティパッケージ”」(FF車)、「20X」(4WD車)、「20X“アドバンスドセーフティパッケージ”」(4WD車)の各車に、スーパーUVカット断熱グリーンガラスが与えられた。

ボディーカラーは新色「インペリアルアンバー」を含む全9色で、価格は以下の通り。
・ハイウェイスターVセレクション+Safety S-HYBRID(FF車):272万1600円
・ハイウェイスターVセレクション+Safety(4WD車):296万2440円
・ハイウェイスターVセレクション+Safety S-HYBRID“アドバンスドセーフティパッケージ”(FF車):281万160円
・ハイウェイスターVセレクション+Safety“アドバンスドセーフティパッケージ”(4WD車):305万1000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(後編) 2017.3.2 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・オデッセイ アブソルート」に試乗する。オデッセイのハンドリングの良さに感銘を受けた谷口は、ミニバンのキモである室内にはどんな評価を下すのか?
ホームへ戻る