「シビック」シリーズがホンダの目玉【パリサロン2014】

2014.10.02 自動車ニュース
「シビック タイプRコンセプト」
「シビック タイプRコンセプト」 拡大

【パリサロン2014】「シビック」シリーズがホンダの目玉

本田技研工業はパリモーターショー(会期:2014年10月2日~10月19日)で、「シビック タイプRコンセプト」ほか、欧州市場向けの新型車を発表した。


 

「シビック タイプRコンセプト」のリアビュー。
「シビック タイプRコンセプト」のリアビュー。 拡大
新グレードの「シビック スポーツ」(欧州専用車)。
新グレードの「シビック スポーツ」(欧州専用車)。 拡大
「CR-V」マイナーチェンジモデル。
「CR-V」マイナーチェンジモデル。 拡大
新型「HR-V」(欧州仕様。日本名「ヴェセル」)。
新型「HR-V」(欧州仕様。日本名「ヴェセル」)。 拡大
新型「ジャズ」(欧州仕様。日本名「フィット」)。
新型「ジャズ」(欧州仕様。日本名「フィット」)。 拡大

ホンダはパリモーターショーにおいて、欧州での基幹車種である「シビック」シリーズと「CR-V」のマイナーチェンジモデルを発表した。また、新型「HR-V」(日本名「ヴェゼル」)と新型「ジャズ」(同「フィット」)の欧州仕様プロトタイプも初出展した。主な出展モデルとその概要は以下のとおり。

・「シビック タイプRコンセプト」
2014年3月のジュネーブモーターショーに続く2度目の出展。欧州で2015年に発売予定の次期「シビック タイプR」のデザインの方向性を示している。量産型には280ps以上を発生する新開発の2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載し、6段MTを組み合わせる。ボタンを押すとエンジンとサスペンションがスポーティーなセッティングに切り替わる「+R」モードを採用する。

・「シビック」シリーズのマイナーチェンジモデル
欧州専用の「シビック」(5ドア)と「シビックツアラー」のフロントデザインを変更し、デイタイムランニングライトを内蔵した新デザインのヘッドライトなどを採用する。また、シビック5ドアには新グレードの「シビック スポーツ」を設定する。専用リアスポイラーや17インチアルミホイール、現在開発中のシビック タイプRを思い起こさせるメッシュタイプのフロントバンパーグリルなどを採用し、スポーティーなイメージを演出している。

・「CR-V」マイナーチェンジモデルプロトタイプ
新デザインのフロントグリル、ヘッドライト、リアコンビネーションランプ、バンパーを採用するとともに、1.6リッターi-DTECディーゼルエンジンに、従来比で40ps強化した160psの高出力仕様を追加する。このエンジンには従来の6段MTに加え、ホンダブランドで初の採用となる9段ATを組み合わせる。

・新型「HR-V」欧州仕様プロトタイプ
1.5リッター直噴DOHC i-VTECガソリンエンジンと1.6リッターi-DTECディーゼルエンジンを搭載する。2015年夏発売予定。

・新型「ジャズ」欧州仕様プロトタイプ
1.3リッターDOHC i-VTECエンジンを搭載する。2015年夏発売予定。

(webCG)

関連キーワード:
CR-Vシビックホンダパリモーターショー2014自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ(四輪) 2017.10.25 画像・写真 本田技研工業は、第45回東京モーターショーの会場において、「スポーツEVコンセプト」「アーバンEVコンセプト」などのコンセプトカーを披露した。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開 2018.6.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。CR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルとなっている。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
ホームへ戻る