ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)

ほかにはない世界 2014.10.08 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」に、より排気量の小さなV8エンジン搭載モデルが登場。その走りや、いかに? 燃費のデータもあわせて報告する。

比べてみれば、お買い得?

フライングスパーの“spur”とは、乗馬靴のカカトに付く“拍車”のことである。馬の腹に当てて、馬を走らせるために使う。
1950年代からあったやんごとなきこのモデル名が復活したのは2006年。99年にロールス・ロイスと別れ、フォルクスワーゲングループ傘下になった新生ベントレー初のオリジナル4ドアセダンがフライングスパーである。ベントレーサルーンのフラッグシップは「ミュルザンヌ」だが、2010年に現行型に変わったミュルザンヌはロールス・ロイス基本設計のエンジンを搭載している。

2ドアクーペ「コンチネンタルGT」の車台を元に、ホイールベースを32cmストレッチして、全長5.3mの4ドアボディーを載せたのがフライングスパーだ。試乗した“V8”は2014年モデルからW12の下に加わった1890万円のお買い得モデル(笑)である。
4リッターV8ツインターボ+ZF製8段AT+フルタイム4WDのランニングコンポーネントは、「コンチネンタルGT V8」と同じ。だが、ドアが4枚あるのに、コンチネンタルGTより150万円安く、「フライングスパーW12」よりは450万円お安い。2000万円以下で買える唯一のベントレーである。

試乗車は一見、黒だが、よく見ると、濃い紫。“ダムソン”というボディーカラーはダムソンプラムという果実に由来する。ちなみにこのボディーペイントは、91万6300円のオプション。顔が映るほどに磨き込まれたマドローナのウッドパネルは23万9000円。21インチホイールは、キルティングのエンボスが入った内装レザーや、特別仕上げのATセレクターや給油キャップなどを合わせたセットオプションで、フツーにクルマが買える242万8900円である。

ベントレーの4ドアサルーン、「フライングスパー」。2ドアクーペの「コンチネンタルGT」と比べた場合、全長は493mm、ホイールベースは320mm長くなる。今回は、V8エンジン搭載モデルをテストした。
ベントレーの4ドアサルーン、「フライングスパー」。2ドアクーペの「コンチネンタルGT」と比べた場合、全長は493mm、ホイールベースは320mm長くなる。今回は、V8エンジン搭載モデルをテストした。
ウッドとレザーがふんだんに用いられるインテリア。基本的なデザインは、2ドアモデルと変わらない。
ウッドとレザーがふんだんに用いられるインテリア。基本的なデザインは、2ドアモデルと変わらない。
オプションのツートンカラーで仕立てられたステアリングホイール。その奥に見えるシフトパドルもオプションとして扱われる。
オプションのツートンカラーで仕立てられたステアリングホイール。その奥に見えるシフトパドルもオプションとして扱われる。
エンブレム中央の赤いカラーリングは、V8モデルの証し。W12エンジン搭載車では、同じ部分が黒になる。
エンブレム中央の赤いカラーリングは、V8モデルの証し。W12エンジン搭載車では、同じ部分が黒になる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る