「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場

2014.10.03 自動車ニュース
「MINIクーパーS 5ドア」
「MINIクーパーS 5ドア」

「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場

BMWジャパンは2014年10月2日、「MINI 5ドア」の販売を開始した。

 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像
 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像
 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像
 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像

MINI 5ドアは、全長×全幅×全高=4000×1725×1445mm(「クーパー」の値、「クーパーS」では全長=4015mm)というボディーサイズの、MINIハッチバックの5ドア、5人乗りモデルである。3ドアモデルと比べると全長が165mm、全高が15mm拡大しているほか、ホイールベースも70mm長い2565mmとなっている。またプロポーションのバランスを取るため、拡大したホイールベースに合わせてリアオーバーハングも延長。テールゲートの傾斜をより寝かせることで、MINIらしいスポーティーさと軽快感を演出しているという。

車内空間については、後席の乗車定員を3名にするとともに、3ドアモデルよりレッグスペースを約4cm拡大。ラゲッジルームは3ドアモデルより67リッター大きな278リッターの容量を確保している。

日本仕様のラインナップはクーパーとクーパーSの2種類で、前者には136ps(100kw)の最高出力と22.4kgm(220Nm)の最大トルクを発生する1.5リッター直3直噴ターボエンジンを、後者には最高出力192ps(141kw)、最大トルク28.6kgm(280Nm)の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載する。トランスミッションはいずれも6段ATのみの設定で、燃費性能はクーパーが17.9km/リッター、クーパーSが16.4km/リッターとなっている(ともにJC08モード)。足まわりは3ドアモデルと同じくリアにマルチリンクサスペンションを採用。MINIの伝統的なゴーカートフィーリングを実現しているという。

機能、装備については、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ、リアビュー力メラ、アクティブ・クルーズ・コントロール、パーキング・アシスト、ヘッドアップ・ディスプレイなどを採用。クーパーSには、タッチパッド式のコントローラーを採用した8.8インチワイドディスプレイのナビゲーションシステムを標準装備している。

価格は以下の通り。
・MINIクーパー5ドア:298万円
・MINIクーパーS 5ドア:350万円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る