「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場

2014.10.03 自動車ニュース
「MINIクーパーS 5ドア」
「MINIクーパーS 5ドア」

「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場

BMWジャパンは2014年10月2日、「MINI 5ドア」の販売を開始した。

 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像
 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像
 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像
 
「MINI」に5ドアの5人乗りモデルが登場の画像

MINI 5ドアは、全長×全幅×全高=4000×1725×1445mm(「クーパー」の値、「クーパーS」では全長=4015mm)というボディーサイズの、MINIハッチバックの5ドア、5人乗りモデルである。3ドアモデルと比べると全長が165mm、全高が15mm拡大しているほか、ホイールベースも70mm長い2565mmとなっている。またプロポーションのバランスを取るため、拡大したホイールベースに合わせてリアオーバーハングも延長。テールゲートの傾斜をより寝かせることで、MINIらしいスポーティーさと軽快感を演出しているという。

車内空間については、後席の乗車定員を3名にするとともに、3ドアモデルよりレッグスペースを約4cm拡大。ラゲッジルームは3ドアモデルより67リッター大きな278リッターの容量を確保している。

日本仕様のラインナップはクーパーとクーパーSの2種類で、前者には136ps(100kw)の最高出力と22.4kgm(220Nm)の最大トルクを発生する1.5リッター直3直噴ターボエンジンを、後者には最高出力192ps(141kw)、最大トルク28.6kgm(280Nm)の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載する。トランスミッションはいずれも6段ATのみの設定で、燃費性能はクーパーが17.9km/リッター、クーパーSが16.4km/リッターとなっている(ともにJC08モード)。足まわりは3ドアモデルと同じくリアにマルチリンクサスペンションを採用。MINIの伝統的なゴーカートフィーリングを実現しているという。

機能、装備については、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ、リアビュー力メラ、アクティブ・クルーズ・コントロール、パーキング・アシスト、ヘッドアップ・ディスプレイなどを採用。クーパーSには、タッチパッド式のコントローラーを採用した8.8インチワイドディスプレイのナビゲーションシステムを標準装備している。

価格は以下の通り。
・MINIクーパー5ドア:298万円
・MINIクーパーS 5ドア:350万円

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 5ドアMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表NEW 2017.9.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。
  • レトロモダンな限定車 「MINIアイスブルー」登場 2017.9.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年9月8日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」に特別仕様車「ICE BLUE(アイスブルー)」を設定し、400台の台数限定で販売を開始した。過去に人気を博した「アイスブルー」のボディーカラーを復刻し、専用装備としている。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る