「水野和敏的視点」 vol.69 「ボルボS60ポールスター」

2014.10.03 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.69 「ボルボS60ポールスター」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は主役は「ボルボS60ポールスター」。ボルボがレースパートナーのポールスターと共同開発したコンプリートカーを、ミスターGT-Rはどう評価する?


「水野和敏的視点」 vol.69 「ボルボS60ポールスター」の画像

「水野和敏的視点」 vol.69 「ボルボS60ポールスター」の画像

「水野和敏的視点」 vol.69 「ボルボS60ポールスター」の画像
ボルボS60ポールスター
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1480mm/ホイールベース:2775mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:350ps/5250rpm/最大トルク:51.0kgm/3000-4750rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)245/35ZR20/車両本体価格:799万円
ボルボS60ポールスター
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4635×1865×1480mm/ホイールベース:2775mm/車重:1780kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:350ps/5250rpm/最大トルク:51.0kgm/3000-4750rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)245/35ZR20/車両本体価格:799万円

■800万円クラスの高級車なら……

今回の主役は「ボルボS60ポールスター」です。北欧随一のハンサムカー「ボルボS60」を、同じくスウェーデンのポールスター社がトータルチューンしたモデルです。ポールスター社はボルボのレースパートナーで、1996年の設立以来、BTCC(イギリスツーリングカー選手権)やWTCC(世界ツーリングカー選手権)などのレースを戦ってきました。ボルボにおけるポールスターバージョンの位置付けは、BMWでいうところの「M」、メルセデス・ベンツの「AMG」を目指したモデルと考えればわかりやすいでしょう。

試乗したS60ポールスターだけでなく、ワゴンの「V60ポールスター」もあり(販売台数から見たら、むしろこちらの方が主役かもしれません)、2車種合わせて全世界で750台の限定販売となっています。日本へはS60が30台、V60が60台割り当てられています。価格はS60ポールスターが799万円、V60ポールスターが819万円です。

さて、実際に車両を見ていきましょう。カタログモデルのどれよりも高価な800万円のボルボ……とちょっと驚きながら外観をチェックしていくと、この「レーベルブルー」と呼ばれる鮮やかなボディーカラーの、塗装の仕上がりが気になりました。塗装面への映り込みが歪(ゆが)んでしまっているのです。800万円という車両価格を考えると、もうちょっと頑張ってほしい……と思ってしまう塗装コンディションです。

車両の後部に回ると、トランクリッドにも気になるところがありました。リッドを支えるダンパーがかなり強力なので、大の大人でも、思いのほか力をこめないとスムーズに閉められないのです。私のような男性でもそう思うのですから、小柄で力も弱い女性にとっては決して楽ではないはず。また、これだけダンパーが強いと、雨上がりのリッドが汚れた状態で閉めたときに、手の汚れだって気になります。

ささいなことのようですが、こうした操作感は、「高級であること」に直結する重要な要素なのです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
S60ボルボ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
ホームへ戻る