ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)

マジメなコンパクトカー 2014.10.17 試乗記 新骨格構造「D-Frame」と“着せ替え”可能な「DRESS-FORMATION」の採用など、ユニークなコンセプトが話題の軽オープンスポーツカー「コペン」。CVTモデルに試乗し、その走りを確かめた。

CVTのほうが魅力的

今回の取材について電話してきた編集担当のKさんが「コペンはCVTなんですけど……」と、ちょっと申し訳なさそうなトーンだったのは、私も「マニュアルは七難を隠す」と思っているクチであることを知っているからだ。いきなり結論めいたことを書かせてもらえれば、新型コペンはCVTのほうがトータルで魅力が高いクルマだと思った。どんなにツマらないクルマでも、MTであれば走りの印象は1〜2割はアップする……と私は信じて疑わないが、新型コペンは例外である。

コペンは基本的に日本専売のスポーツカーである。つまり、数あるクルマのジャンルのなかでも、利益を出すのがもっとも困難なタイプのクルマだ。だから、内外装デザインや樹脂外板の車体構造などを、惜しげもなく専用にしている点は称賛に値する。しかし、そのいっぽうでパワートレインやシャシー方面の大物コンポーネントは、当然ながら、既存品を巧妙に流用して使っている。
エンジンも専用にチューンしなおされているそうだが、基本的には実用エンジンらしい全域トルキーな特性である。同時に新型コペンは今どきの軽自動車として絶対的に軽くはないので、パワーウェイトレシオで飛びぬけているわけでもない。

新型コペンのMTもシフトフィールまで踏み込んで改良したという。とはいっても、ギアボックス本体を新開発できたわけではないので、既存の5段のまま。シフトフィールもさすがに「絶品」というほどでもないし、そもそも5段というのは今どきの小型スポーツカーとしてはちょっと物足りない。
CVTはその点、そもそも余裕しゃくしゃくではないエンジントルクをうまく引き出してくれる。マニュアルモードにすれば7段になるので、コーナー曲率に合わせたエンジンブレーキやトラクションの選択肢も多い。ほぼすべての場面で、より活発に走るのはCVTのほうなのである。

先代の直4から直3へと変更になった660ccのエンジンは64psと9.4kgmを発生する。
先代の直4から直3へと変更になった660ccのエンジンは64psと9.4kgmを発生する。
テスト車にはオプションのブラックインテリアパック(3万2400円)が装備されていた。
テスト車にはオプションのブラックインテリアパック(3万2400円)が装備されていた。
電磁式のトランクフードオープナーはセンターコンソールボックス内に備わる。
電磁式のトランクフードオープナーはセンターコンソールボックス内に備わる。
 
ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る