フォルクスワーゲン・クロスクーペ:地に足ついたSUVプロポーザル

【コレはゼッタイ!】フォルクスワーゲン・クロスクーペ:地に足ついたSUVプロポーザル

フォルクスワーゲンがここ東京で世界初公開した「クロスクーペ」は、夢物語だけを追わない、近未来のSUVをマジメに考えるプロポーザルだった。

 
フォルクスワーゲン・クロスクーペ:地に足ついたSUVプロポーザル
 
フォルクスワーゲン・クロスクーペ:地に足ついたSUVプロポーザル

「エゴカー」よさらば!

ひと目見て、ひきつけられる未来的なスタイリング。スリーサイズは全長×全幅×全高=4353×1868×1523mm。全幅こそ迷惑なくらいデカイが、全長は「ゴルフ」よりも少し長いだけで、「ティグアン」よりも短い。

車重に至っては1748kgにとどまっている。「デカい」「バカッ速い」「見晴らしが良い」と、自分の都合ばかり押しつけた「エゴカー」が横行するプレミアムSUV市場に、もしこのクロスクーペが降り立ったならば、かなりクールな存在感を放ってくれそうな気がする。

ちなみにそのパワートレインは、150psを発生するTSIエンジンに、2基のモーターを備えたプラグインハイブリッドである。モーターはフロントとリアに1基ずつあり、システム全体としては最高265ps(195kW)を発生する。欧州での走行基準に照らし合わせると、100kmをわずか2.7リッターの燃料で走行し(37.0km/リッターに相当)、理論上の航続距離はハイブリッドモードで815kmを達成するという。

夢物語だけを追わない、フォルクスワーゲンらしい近未来SUVのプロポーザルモデルだと感じる。

(文=山田弘樹/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。