VW、バイク用エンジン搭載の「XLスポーツ」発表【パリサロン2014】

2014.10.03 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンXLスポーツ」
「フォルクスワーゲンXLスポーツ」

【パリサロン2014】フォルクスワーゲン、バイク用エンジンを搭載した「XLスポーツ」発表

独フォルクスワーゲンは2014年10月1日(現地時間)、パリモーターショーの出展車両を関係者に公開するイベント「フォルクスワーゲングループナイト」において、新型コンセプトカー「XLスポーツ」を発表した。

フォルクスワーゲンはこのイベントで、同社のグループが累計生産台数2億台を達成したことを発表。その記念すべき2億台目の車両として作られたのが、デザインスタディーモデルのXLスポーツである。

カーボンやマグネシウムで作られたボディーに、ドゥカティのスポーツバイク「1199スーパーレッジェーラ」の1.2リッターV型2気筒エンジンを搭載した高効率のスポーツモデルとされており、最高出力は200ps、最高速度は270km/hとアナウンスされている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。