アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案【パリサロン2014】

2014.10.03 自動車ニュース
「アウディTTスポーツバック コンセプト」
「アウディTTスポーツバック コンセプト」

【パリサロン2014】アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案

独アウディは2014年10月1日(現地時間)、フォルクスワーゲン・グループのパリモーターショー出展車両を関係者に公開する「フォルクスワーゲングループナイト」において、コンセプトカー「TTスポーツバック コンセプト」を発表した。

■「TT」シリーズに加わる新モデルの姿を示唆

TTスポーツバック コンセプトは、スポーツモデルである「TT」と、5ドアハッチバック車の「A5/A7スポーツバック」の特徴を併せ持つコンセプトモデルであり、技術開発担当取締役のウルリッヒ・ハッケンベルク氏によると、「アウディTTファミリーの1台となりうる新しいモデルを作り上げるべく」設計されたものである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.47×1.89×1.38mというもので、最新のTTと比較すると、全長は29cm長く、全幅は6cm幅広く、全高は3cm低い。また、ホイールベースはTTより12cm長い2.63mとなっている。

車体はフォルクスワーゲン・グループの「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」に基づいて設計されたもので、フロントセクションの全体とパッセンジャーセルのフロアにはスチールを、セルの構造や外壁、ドア、トランクリッドにはアルミニウムを採用。車両の重心を低く抑えているという。

一方、エンジンには最高出力400ps、最大トルク45.9kgmを発生する2リッター直4直噴ターボを搭載。トランスミッションには3シャフトレイアウトの7段Sトロニックを、駆動システムには動力を伝達する多板クラッチをリアアクスル側に配したフルタイム4WDを採用している。

これにより、TTスポーツバック コンセプトは0-100km/h加速が3.9秒という動力性能と、7リッター/100km(約12.3km/リッター)という燃費性能を実現しているという。

(webCG)
 

関連キーワード:
TTクーペアウディパリモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> そのクルマの真の姿を知りたければグランドツーリングに出てみるといい。優雅なだけでなく、高い実用性をも備えた「アウディA5スポーツバック」は、もっと雄弁にアウディの実力を知らしめてくるはずだから。美しさは機能に従うのだ、と言わんばかりに!
ホームへ戻る