アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案【パリサロン2014】

2014.10.03 自動車ニュース
「アウディTTスポーツバック コンセプト」
「アウディTTスポーツバック コンセプト」

【パリサロン2014】アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案

独アウディは2014年10月1日(現地時間)、フォルクスワーゲン・グループのパリモーターショー出展車両を関係者に公開する「フォルクスワーゲングループナイト」において、コンセプトカー「TTスポーツバック コンセプト」を発表した。

■「TT」シリーズに加わる新モデルの姿を示唆

TTスポーツバック コンセプトは、スポーツモデルである「TT」と、5ドアハッチバック車の「A5/A7スポーツバック」の特徴を併せ持つコンセプトモデルであり、技術開発担当取締役のウルリッヒ・ハッケンベルク氏によると、「アウディTTファミリーの1台となりうる新しいモデルを作り上げるべく」設計されたものである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.47×1.89×1.38mというもので、最新のTTと比較すると、全長は29cm長く、全幅は6cm幅広く、全高は3cm低い。また、ホイールベースはTTより12cm長い2.63mとなっている。

車体はフォルクスワーゲン・グループの「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」に基づいて設計されたもので、フロントセクションの全体とパッセンジャーセルのフロアにはスチールを、セルの構造や外壁、ドア、トランクリッドにはアルミニウムを採用。車両の重心を低く抑えているという。

一方、エンジンには最高出力400ps、最大トルク45.9kgmを発生する2リッター直4直噴ターボを搭載。トランスミッションには3シャフトレイアウトの7段Sトロニックを、駆動システムには動力を伝達する多板クラッチをリアアクスル側に配したフルタイム4WDを採用している。

これにより、TTスポーツバック コンセプトは0-100km/h加速が3.9秒という動力性能と、7リッター/100km(約12.3km/リッター)という燃費性能を実現しているという。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • パリモーターショー2016の会場から(その10) 2016.10.4 画像・写真 パリモーターショー2016で、アウディは最高出力400psを誇る「RS 3セダン」をワールドプレミアした。そのほか、「S5/S5スポーツバック」「TTRS」「S1」などのスポーツモデルを一挙に展示した。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る