アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案【パリサロン2014】

2014.10.03 自動車ニュース
「アウディTTスポーツバック コンセプト」
「アウディTTスポーツバック コンセプト」

【パリサロン2014】アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案

独アウディは2014年10月1日(現地時間)、フォルクスワーゲン・グループのパリモーターショー出展車両を関係者に公開する「フォルクスワーゲングループナイト」において、コンセプトカー「TTスポーツバック コンセプト」を発表した。

■「TT」シリーズに加わる新モデルの姿を示唆

TTスポーツバック コンセプトは、スポーツモデルである「TT」と、5ドアハッチバック車の「A5/A7スポーツバック」の特徴を併せ持つコンセプトモデルであり、技術開発担当取締役のウルリッヒ・ハッケンベルク氏によると、「アウディTTファミリーの1台となりうる新しいモデルを作り上げるべく」設計されたものである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.47×1.89×1.38mというもので、最新のTTと比較すると、全長は29cm長く、全幅は6cm幅広く、全高は3cm低い。また、ホイールベースはTTより12cm長い2.63mとなっている。

車体はフォルクスワーゲン・グループの「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」に基づいて設計されたもので、フロントセクションの全体とパッセンジャーセルのフロアにはスチールを、セルの構造や外壁、ドア、トランクリッドにはアルミニウムを採用。車両の重心を低く抑えているという。

一方、エンジンには最高出力400ps、最大トルク45.9kgmを発生する2リッター直4直噴ターボを搭載。トランスミッションには3シャフトレイアウトの7段Sトロニックを、駆動システムには動力を伝達する多板クラッチをリアアクスル側に配したフルタイム4WDを採用している。

これにより、TTスポーツバック コンセプトは0-100km/h加速が3.9秒という動力性能と、7リッター/100km(約12.3km/リッター)という燃費性能を実現しているという。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る