アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案【パリサロン2014】

2014.10.03 自動車ニュース
「アウディTTスポーツバック コンセプト」
「アウディTTスポーツバック コンセプト」

【パリサロン2014】アウディが4シーター・5ドアの「TT」を提案

独アウディは2014年10月1日(現地時間)、フォルクスワーゲン・グループのパリモーターショー出展車両を関係者に公開する「フォルクスワーゲングループナイト」において、コンセプトカー「TTスポーツバック コンセプト」を発表した。

■「TT」シリーズに加わる新モデルの姿を示唆

TTスポーツバック コンセプトは、スポーツモデルである「TT」と、5ドアハッチバック車の「A5/A7スポーツバック」の特徴を併せ持つコンセプトモデルであり、技術開発担当取締役のウルリッヒ・ハッケンベルク氏によると、「アウディTTファミリーの1台となりうる新しいモデルを作り上げるべく」設計されたものである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.47×1.89×1.38mというもので、最新のTTと比較すると、全長は29cm長く、全幅は6cm幅広く、全高は3cm低い。また、ホイールベースはTTより12cm長い2.63mとなっている。

車体はフォルクスワーゲン・グループの「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」に基づいて設計されたもので、フロントセクションの全体とパッセンジャーセルのフロアにはスチールを、セルの構造や外壁、ドア、トランクリッドにはアルミニウムを採用。車両の重心を低く抑えているという。

一方、エンジンには最高出力400ps、最大トルク45.9kgmを発生する2リッター直4直噴ターボを搭載。トランスミッションには3シャフトレイアウトの7段Sトロニックを、駆動システムには動力を伝達する多板クラッチをリアアクスル側に配したフルタイム4WDを採用している。

これにより、TTスポーツバック コンセプトは0-100km/h加速が3.9秒という動力性能と、7リッター/100km(約12.3km/リッター)という燃費性能を実現しているという。

(webCG)
 

関連キーワード:
TTクーペアウディパリモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る