スズキ、コンパクトSUVの新型「ビターラ」発表【パリサロン2014】

2014.10.03 自動車ニュース
新型「スズキ・ビターラ」
新型「スズキ・ビターラ」

【パリサロン2014】スズキ、コンパクトSUVの新型「ビターラ」発表

スズキは2014年10月2日、パリモーターショーにおいて新型「VITARA(ビターラ)」を発表した。

新型「ビターラ」と、スズキの鈴木俊宏副社長(右)。
新型「ビターラ」と、スズキの鈴木俊宏副社長(右)。

新型ビターラは、従来モデルのビターラや「グランドビターラ(日本名:エスクード)」などから、本格四輪駆動車やクロスオーバーSUVとしての資質を受け継ぎつつ、デザインや走行性能、安全性能、環境性能などを高めたコンパクトSUVである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4175×1775×1610mm ホイールベースは2500mm。パワーユニットには1.6リッターガソリンエンジン「M16A」と、1.6リッターディーゼルエンジン「D16AA」の2種類が用意される。

生産は2015年の初めに、ハンガリーの「マジャールスズキ」で開始される予定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。