プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

【コレはゼッタイ!】プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

ハイブリッド車も今や種類が豊富になり、構造的にもさまざまな方式が見られるようになってきた。「プジョー3008ハイブリッド4」は量産初のディーゼルハイブリッドとして注目が集まる。

 
プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!
 
プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

■プジョーディーゼルの上陸を歓迎

ディーゼルエンジンの量産ハイブリッド車はこれが世界初である。後輪は電気モーターで駆動し、前輪はそのままガソリンエンジンの従来方式を使う「SR-1」コンセプトカーなどもある。しかし、ガソリンエンジンに代えてディーゼルエンジンを使ったところが、いかにもエコを感じさせる。

希望を言えば、欧州向け「シトロエンC3」などに使われている1.4リッターディーゼルならばもっと良かった。ともかくプジョーがディーゼルエンジン車を日本へ持ってくることは確からしいから、その点は大いに歓迎だ。

構造的には、後輪は1個のモーターでデフを介して駆動する。新鮮味はないが、故障や耐久性などを考慮すると賢明な選択か。ベースボディーが「3008」で、普通のセダンやワゴンと違いフロアが高いため、トランク容量なども十分に確保されているようである。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
ホームへ戻る