プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

2011.12.05 コレはゼッタイ!

【コレはゼッタイ!】プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

ハイブリッド車も今や種類が豊富になり、構造的にもさまざまな方式が見られるようになってきた。「プジョー3008ハイブリッド4」は量産初のディーゼルハイブリッドとして注目が集まる。

■プジョーディーゼルの上陸を歓迎

ディーゼルエンジンの量産ハイブリッド車はこれが世界初である。後輪は電気モーターで駆動し、前輪はそのままガソリンエンジンの従来方式を使う「SR-1」コンセプトカーなどもある。しかし、ガソリンエンジンに代えてディーゼルエンジンを使ったところが、いかにもエコを感じさせる。

希望を言えば、欧州向け「シトロエンC3」などに使われている1.4リッターディーゼルならばもっと良かった。ともかくプジョーがディーゼルエンジン車を日本へ持ってくることは確からしいから、その点は大いに歓迎だ。

構造的には、後輪は1個のモーターでデフを介して駆動する。新鮮味はないが、故障や耐久性などを考慮すると賢明な選択か。ベースボディーが「3008」で、普通のセダンやワゴンと違いフロアが高いため、トランク容量なども十分に確保されているようである。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

 
プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!の画像
 
プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!の画像
 
プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【東京モーターショー2017】プジョー、主力の「308」を大幅改良 2017.10.26 自動車ニュース 第45回東京モーターショーにおけるプジョーブースの主役はSUVだ。さらに、販売の主力となっている「308」に改良を加えて商品力を大幅に高め、セールスにおける責めの姿勢を示した。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー... 2017.5.9 カーマニア人間国宝への道
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記