プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

2011.12.05 コレはゼッタイ!

【コレはゼッタイ!】プジョー3008ハイブリッド4:技術的興味のイチオシ!

ハイブリッド車も今や種類が豊富になり、構造的にもさまざまな方式が見られるようになってきた。「プジョー3008ハイブリッド4」は量産初のディーゼルハイブリッドとして注目が集まる。

■プジョーディーゼルの上陸を歓迎

ディーゼルエンジンの量産ハイブリッド車はこれが世界初である。後輪は電気モーターで駆動し、前輪はそのままガソリンエンジンの従来方式を使う「SR-1」コンセプトカーなどもある。しかし、ガソリンエンジンに代えてディーゼルエンジンを使ったところが、いかにもエコを感じさせる。

希望を言えば、欧州向け「シトロエンC3」などに使われている1.4リッターディーゼルならばもっと良かった。ともかくプジョーがディーゼルエンジン車を日本へ持ってくることは確からしいから、その点は大いに歓迎だ。

構造的には、後輪は1個のモーターでデフを介して駆動する。新鮮味はないが、故障や耐久性などを考慮すると賢明な選択か。ベースボディーが「3008」で、普通のセダンやワゴンと違いフロアが高いため、トランク容量なども十分に確保されているようである。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」を一部改良 2018.6.7 自動車ニュース マツダは2018年6月7日、「ロードスター」および「ロードスターRF」を一部改良するとともに、ロードスターに特別仕様車「キャラメルトップ」を設定し、同年7月26日に発売すると発表した。
ホームへ戻る