ポルシェ911タルガ4(4WD/7AT)

最新は最楽 2014.10.14 試乗記 1960年代の初代をほうふつとさせる、どこか懐かしいBピラーを備えた新型「911タルガ」。伝統あるタルガの名は、最新のメカニズムによってどのように受け継がれたのだろうか。3.4リッターのフラット6を搭載する「911タルガ4」に試乗した。

原点回帰

「ポルシェ911」が誕生して50年が過ぎ、今までに生産された911は85万3000台に達する。「タルガ」仕様は1965年の登場以来、シリーズ全体の約13%を占めてきた。タルガとはイタリアのシチリア島で開催される「タルガフローリオ」というスポーツカーレースの名に由来するが、ポルシェはこのロードレースでは伝統的に強く、したがってタルガを名乗る正当な背景がある。

固定されたロールバー(Bピラー)で安全性を確保した上でオープンモデルの爽快さを得られるという、独特のスタイリングを持つタルガはポルシェ専用の固有名詞ともいえ、タルガルーフといえば車体形式のひとつとしてイメージが定着している。その最新のポルシェ・タルガは「911カブリオレ」をベースにして造られる。

911タルガのもともとの発想は、固定された幅広のBピラーが視覚的にもキャビンを強固に守り、ルーフのみ取り外し可能というものだった。またクーペモデルにはあるCピラーが取り去られ、リアウィンドウをボディーの側面まで回りこませたうえで固定するという成り立ちだった(ただし1967年にデビューした直後の最初期モデルだけは別で、リアウィンドウが開閉可能なアクリル製とされていた)。

初代「タルガ」をほうふつとさせるシルバーのBピラー「タルガバー」。オリジナルと同じように、「targa」のロゴと3本のスリットが入る。
「カレラ4」の室内。試乗車にはシートとインテリアがともにナチュラルレザー張りとなるオプションが選択されていた。
「タルガバー」は車内側がスチール製で、車外側が鋳造アルミ製となる。もちろんロールオーバープロテクション機能を持つ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911タルガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
ホームへ戻る