第368回:エンツォも驚く? ポーランド車、続々襲来!?

2014.10.10 エッセイ

突然、ポロネーズ

モデナにあるエンツォ・フェラーリ博物館は、敷地内に創業者エンツォ・フェラーリの生家が保存されている。建物は、父アルフレードの鉄工所を兼ねていたものだ。ちなみにそばに線路があるのは、当時鉄道のための仕事が多かったためである。

博物館は2012年の開館時、独自の財団が運営にあたっていたが、2014年1月にフェラーリ社がそれを引き継いだ。
開館から2年半、すでにミュージアムはクルマ好きにとってお約束の“巡礼地”になっている。そのため来館者駐車場には自家用、もしくは地元の時間貸しサービスを利用したドライバーが乗りつけたスーパースポーツカーが、たびたびたたずんでいる。

先日、博物館の取材を終えて駐車場に戻り、車内の熱気を逃がすべくドアを全開して外につっ立っていたときのことだ。周囲になにやら違和感を抱いた。
見ると、往年のポーランド車「FSOポロネーズ」の一群がいた。それも本場ポーランドナンバーである。

ポロネーズはワルシャワのFSO社が製造していた後輪駆動の小型乗用車である。FSOとはポーランド語で「乗用車製造工場」を示す言葉の頭文字をとったものだ。「ふそう」ではない。
ポロネーズはまだポーランドが社会主義時代の1978年にデビューした。ベースは以前から生産されていた「ポルスキ・フィアット 125p」(「フィアット125」の現地版)で、当初の搭載エンジンは1.3リッターおよび1.5リッターであった。

年の経過とともに商用車仕様を含むバリエーションが拡大され、1980年代に入るとラリーでも活躍する。1989年にポーランドが民主化し、後年FSOが韓国・大宇自動車(当時)の傘下に入って「大宇FSO」となったあとも、ポロネーズの生産は続けられた。
話は前後するが、1991年にはスラントノーズの採用をはじめとする大幅なマイナーチェンジが施された。しかし西欧系ブランドの普及とともにポロネーズの旧態化はさすがに隠せなくなり、2002年に乗用車版の生産が完了。それに続くかたちで商用車版もカタログから消えた。

エンツォ・フェラーリ博物館の駐車場にいた「FSOポロネーズ」ファンの面々。2014年9月15日撮影。
エンツォ・フェラーリ博物館の駐車場にいた「FSOポロネーズ」ファンの面々。2014年9月15日撮影。
オリジナルデザインがよくわかる「FSOポロネーズ」の前期型。
オリジナルデザインがよくわかる「FSOポロネーズ」の前期型。
当時の東欧車のなかでは、ひときわスタイリッシュで、ハッチゲートを備えていた。
当時の東欧車のなかでは、ひときわスタイリッシュで、ハッチゲートを備えていた。
こちらはスラントノーズの後期型。
こちらはスラントノーズの後期型。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。