MINIクーパーS 5ドア(FF/6AT)

足るを知る人の5ドア 2014.10.10 試乗記 3ドアしかなかったMINIのハッチバックモデルに、ホイールベースを70㎜延長した5ドアが登場。ボディーの造り直しや足まわりの再セッティングなど、メーカー肝いりで開発されたニューフェイスの走りを試す。

Aピラーから後ろは別物

3ドアハッチバックに「コンバーチブル」に「クラブマン」、そして「ロードスター」と「クーペ」があって、さらには「クロスオーバー」と「ペースマン」――。と、MINIの陣容も気づけば7車系にまで拡大している今日この頃である。もうさすがにツッコむ隙間もなくなっただろう。なんなら「モーク」にトラック、「マーコスGT」でも復活させてもらって……と冗談めかしていたらば、隙間と隙間の間の隙間にカチ込んでくる第8の車系が現れた。

その名、MINI 5ドア。大枠としては3ドアのボディーをちょこっと延長してのドア追加で、乗降や積み下ろしのアクセス性を高めたというところだ。
……が、積みたい人にはクラブマンがあり、乗せたい人にはクロスオーバーがあるのはご存じの通り。確かにクラブマンのフルモデルチェンジ待ちという現在、もっとも新しいソリューションで作られたMINIであることに間違いはないが、果たしてそこに勝算はあるのだろうか。試乗前から疑問符はつきまとう。

MINI 5ドアのボディーサイズは、3ドアに対して全長で161mm、全高もひそかに11mm拡大されている。長さ方面ではホイールベースの取り分が70mm、残りは荷室およびリアまわりのデザインの調整しろというかたちになるだろうか(数値はいずれも欧州仕様)。そして高さ側の伸びしろは、そのほとんどが後席乗員のヘッドクリアランスに費やされている。つまりAピラーより後ろ側は、全て新規で起こされたパネルやガラスを使用しているということだ。

本国では2014年6月に発表された「MINI 5ドア」。日本では同年10月2日に販売が開始された。価格は「クーパー」が298万円、「クーパーS」が350万円。
本国では2014年6月に発表された「MINI 5ドア」。日本では同年10月2日に販売が開始された。価格は「クーパー」が298万円、「クーパーS」が350万円。
既存の3ドアモデルに対し、全長を約16cm、ホイールベースを約7cm延ばすことで、車内空間を拡大。ドア数を5枚に増やし、実用性を改善している。
既存の3ドアモデルに対し、全長を約16cm、ホイールベースを約7cm延ばすことで、車内空間を拡大。ドア数を5枚に増やし、実用性を改善している。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアモデルと共通。オプションでカラフルなLEDイルミネーションが用意される点も同じだ。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアモデルと共通。オプションでカラフルなLEDイルミネーションが用意される点も同じだ。
「MINI」の他のモデルと同じく、インテリアの仕様は多彩。テスト車にはオプションで用意される、クロスとレザーのコンビシートが装備されていた。
「MINI」の他のモデルと同じく、インテリアの仕様は多彩。テスト車にはオプションで用意される、クロスとレザーのコンビシートが装備されていた。
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る