MINIクーパーS 5ドア(FF/6AT)

足るを知る人の5ドア 2014.10.10 試乗記 3ドアしかなかったMINIのハッチバックモデルに、ホイールベースを70㎜延長した5ドアが登場。ボディーの造り直しや足まわりの再セッティングなど、メーカー肝いりで開発されたニューフェイスの走りを試す。

Aピラーから後ろは別物

3ドアハッチバックに「コンバーチブル」に「クラブマン」、そして「ロードスター」と「クーペ」があって、さらには「クロスオーバー」と「ペースマン」――。と、MINIの陣容も気づけば7車系にまで拡大している今日この頃である。もうさすがにツッコむ隙間もなくなっただろう。なんなら「モーク」にトラック、「マーコスGT」でも復活させてもらって……と冗談めかしていたらば、隙間と隙間の間の隙間にカチ込んでくる第8の車系が現れた。

その名、MINI 5ドア。大枠としては3ドアのボディーをちょこっと延長してのドア追加で、乗降や積み下ろしのアクセス性を高めたというところだ。
……が、積みたい人にはクラブマンがあり、乗せたい人にはクロスオーバーがあるのはご存じの通り。確かにクラブマンのフルモデルチェンジ待ちという現在、もっとも新しいソリューションで作られたMINIであることに間違いはないが、果たしてそこに勝算はあるのだろうか。試乗前から疑問符はつきまとう。

MINI 5ドアのボディーサイズは、3ドアに対して全長で161mm、全高もひそかに11mm拡大されている。長さ方面ではホイールベースの取り分が70mm、残りは荷室およびリアまわりのデザインの調整しろというかたちになるだろうか(数値はいずれも欧州仕様)。そして高さ側の伸びしろは、そのほとんどが後席乗員のヘッドクリアランスに費やされている。つまりAピラーより後ろ側は、全て新規で起こされたパネルやガラスを使用しているということだ。

本国では2014年6月に発表された「MINI 5ドア」。日本では同年10月2日に販売が開始された。価格は「クーパー」が298万円、「クーパーS」が350万円。
本国では2014年6月に発表された「MINI 5ドア」。日本では同年10月2日に販売が開始された。価格は「クーパー」が298万円、「クーパーS」が350万円。
既存の3ドアモデルに対し、全長を約16cm、ホイールベースを約7cm延ばすことで、車内空間を拡大。ドア数を5枚に増やし、実用性を改善している。
既存の3ドアモデルに対し、全長を約16cm、ホイールベースを約7cm延ばすことで、車内空間を拡大。ドア数を5枚に増やし、実用性を改善している。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアモデルと共通。オプションでカラフルなLEDイルミネーションが用意される点も同じだ。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアモデルと共通。オプションでカラフルなLEDイルミネーションが用意される点も同じだ。
「MINI」の他のモデルと同じく、インテリアの仕様は多彩。テスト車にはオプションで用意される、クロスとレザーのコンビシートが装備されていた。
「MINI」の他のモデルと同じく、インテリアの仕様は多彩。テスト車にはオプションで用意される、クロスとレザーのコンビシートが装備されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 5ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る