クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIクーパーS 5ドア(FF/6AT)

足るを知る人の5ドア 2014.10.10 試乗記 3ドアしかなかったMINIのハッチバックモデルに、ホイールベースを70㎜延長した5ドアが登場。ボディーの造り直しや足まわりの再セッティングなど、メーカー肝いりで開発されたニューフェイスの走りを試す。

Aピラーから後ろは別物

3ドアハッチバックに「コンバーチブル」に「クラブマン」、そして「ロードスター」と「クーペ」があって、さらには「クロスオーバー」と「ペースマン」――。と、MINIの陣容も気づけば7車系にまで拡大している今日この頃である。もうさすがにツッコむ隙間もなくなっただろう。なんなら「モーク」にトラック、「マーコスGT」でも復活させてもらって……と冗談めかしていたらば、隙間と隙間の間の隙間にカチ込んでくる第8の車系が現れた。

その名、MINI 5ドア。大枠としては3ドアのボディーをちょこっと延長してのドア追加で、乗降や積み下ろしのアクセス性を高めたというところだ。
……が、積みたい人にはクラブマンがあり、乗せたい人にはクロスオーバーがあるのはご存じの通り。確かにクラブマンのフルモデルチェンジ待ちという現在、もっとも新しいソリューションで作られたMINIであることに間違いはないが、果たしてそこに勝算はあるのだろうか。試乗前から疑問符はつきまとう。

MINI 5ドアのボディーサイズは、3ドアに対して全長で161mm、全高もひそかに11mm拡大されている。長さ方面ではホイールベースの取り分が70mm、残りは荷室およびリアまわりのデザインの調整しろというかたちになるだろうか(数値はいずれも欧州仕様)。そして高さ側の伸びしろは、そのほとんどが後席乗員のヘッドクリアランスに費やされている。つまりAピラーより後ろ側は、全て新規で起こされたパネルやガラスを使用しているということだ。

本国では2014年6月に発表された「MINI 5ドア」。日本では同年10月2日に販売が開始された。価格は「クーパー」が298万円、「クーパーS」が350万円。
本国では2014年6月に発表された「MINI 5ドア」。日本では同年10月2日に販売が開始された。価格は「クーパー」が298万円、「クーパーS」が350万円。 拡大
既存の3ドアモデルに対し、全長を約16cm、ホイールベースを約7cm延ばすことで、車内空間を拡大。ドア数を5枚に増やし、実用性を改善している。
既存の3ドアモデルに対し、全長を約16cm、ホイールベースを約7cm延ばすことで、車内空間を拡大。ドア数を5枚に増やし、実用性を改善している。 拡大
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアモデルと共通。オプションでカラフルなLEDイルミネーションが用意される点も同じだ。
インストゥルメントパネルまわりのデザインは、基本的に3ドアモデルと共通。オプションでカラフルなLEDイルミネーションが用意される点も同じだ。 拡大
「MINI」の他のモデルと同じく、インテリアの仕様は多彩。テスト車にはオプションで用意される、クロスとレザーのコンビシートが装備されていた。
「MINI」の他のモデルと同じく、インテリアの仕様は多彩。テスト車にはオプションで用意される、クロスとレザーのコンビシートが装備されていた。 拡大

必要にして十分な実用性を確保

肝心の後席の掛け心地に関しては、前後ディスタンスが約4cm伸びたこともあり、レッグスペース的には3ドア比で確実に余裕が生まれている。運転席を、筆者=身長180cmのメタボ体形で無理なきドラポジに合わせてからその後ろに座ってみると、レッグスペースもヘッドクリアランスもほぼピタピタといった感じだからして、標準的な成人男子4名が長居できる空間として、ギリギリのところを確保しているといえそうだ。もちろん男女もしくは女子のみ、あるいは子供や祖父母を乗せるファミリーにとっては、過不足ない実用性が期待できる。ただし、リアドア下端の開口部が狭いため、脚の出し入れには若干気を遣うこと、そして後席背もたれはやや立ち気味でカチッと座ることを前提にしていることは、頭に入れておいた方がいいかもしれない。ちなみに荷室容量はボディーの延長に合わせて3ドア比で2割強拡大しており、仮に大人4人での小旅行になったとしても、ボストンバッグを4つ5つは放り込めるだけの余裕がある。

MINI 5ドアのグレード展開は他と同様、「ONE」「クーパー」そして「クーパーS」という3構成となっており、それに合わせて搭載されるエンジンは、マップ違い等を含めて厳密にはガソリン&ディーゼルで6種類が存在する。うち、日本市場に導入されるのはガソリンのみとなる。最新世代のディーゼルユニットは、現状、残念ながら投入の予定はないという。が、日本市場ではクロスオーバーがディーゼル導入を英断していることもあり、今後の展開には注目しておきたい。

リアシートは、3ドアモデルが2人乗りだったのに対し、5ドアモデルは3人乗りとなっている。足元や頭上、肩まわりのゆとりも増している。
リアシートは、3ドアモデルが2人乗りだったのに対し、5ドアモデルは3人乗りとなっている。足元や頭上、肩まわりのゆとりも増している。 拡大
ラゲッジルームは3ドアモデルより67リッター広い278リッターの容量を確保。後席は6:4の分割可倒式となる。
ラゲッジルームは3ドアモデルより67リッター広い278リッターの容量を確保。後席は6:4の分割可倒式となる。 拡大
全部で6種類のグレードが存在する「MINI 5ドア」だが、日本に導入されているのは、「クーパー」と「クーパーS」の2種類のみ。
全部で6種類のグレードが存在する「MINI 5ドア」だが、日本に導入されているのは、「クーパー」と「クーパーS」の2種類のみ。 拡大

ゴーカートフィーリングは健在

ガソリンエンジンのラインナップは1.2リッター3気筒、1.5リッター3気筒、2リッター4気筒のいずれも直噴ターボとなり、そのパワーはおのおの102ps/136ps/192psとなる。この辺りのディテールは3ドアと同様だ。よってドライブトレインも同じく6段ATがメインとなる。今後、日本仕様に6段MTが採用されるか否かは不明だが、積載力相応のパワーをきっちり引き出すという欧州実用車的嗜好(しこう)で、あえてベースモデルをMTでぶん回すような乗り方をよしとするユーザーは少なからずいるのでは……と思ったりもする。

配車の関係もあって試乗は6段ATのクーパーSのみとなったが、MINI 5ドアの動的な質感は3ドアに対して、まったくといっていいほど差異が見いだせなかった。もちろん傍らにそれがあって乗り比べれば、さすがに乗り心地面などでわずかな違いも確認できたかもしれないが、比較対象がいなければ判別は難しいというほどにキビキビ、サクサクと動いてくれる。聞けば開発陣がパフォーマンスにおいて最も留意したのは、3ドアと寸分違(たが)わぬゴーカートフィールの実現であり、そのためにサスペンションのセットアップは全面変更したというから、気合の入り方はハンパではない。

と、そこでみえてくるのがクラブマンでもクロスオーバーでもないMINI 5ドアのポジションだ。つまりは日々の生活で不便を感じさせない実用性と共に、もっともピュアなMINIのハンドリングに限りなく同等のものを供するというのがその立ち位置ということになるのだろう。そこにどれほどのニーズがあるかは計りかねるが、成り立ちが普通のBセグメント5ドアに限りなく近いことを思えば、特に「アウディA1スポーツバック」辺りとはユーザー層がかぶることになるかもしれない。

エンジンの仕様などは基本的に3ドアモデルと共通で、「クーパーS」の2リッター直4直噴ターボは、191ps/28.6kgmのアウトプットを発生。オーバーブースト作動時には、30.6kgmの最大トルクを発生する。


	エンジンの仕様などは基本的に3ドアモデルと共通で、「クーパーS」の2リッター直4直噴ターボは、191ps/28.6kgmのアウトプットを発生。オーバーブースト作動時には、30.6kgmの最大トルクを発生する。
	拡大
本国仕様には6段ATと6段MTの2種類のトランスミッションが用意されるが、日本仕様に設定されるのは、今のところは6段ATのみとなっている。
本国仕様には6段ATと6段MTの2種類のトランスミッションが用意されるが、日本仕様に設定されるのは、今のところは6段ATのみとなっている。 拡大
「クーパーS」の標準タイヤサイズは195/55R16だが、テスト車にはオプションの、ひと回り大きな205/45R17サイズのタイヤが装着されていた。
「クーパーS」の標準タイヤサイズは195/55R16だが、テスト車にはオプションの、ひと回り大きな205/45R17サイズのタイヤが装着されていた。 拡大
「クーパーS」はAT仕様で0-100km/h加速が6.8秒、最高速が230km/hという動力性能を発揮する(ともに欧州仕様)。
「クーパーS」はAT仕様で0-100km/h加速が6.8秒、最高速が230km/hという動力性能を発揮する(ともに欧州仕様)。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

クラブマンでもクロスオーバーでもなく

ただしMINI 5ドア、アジリティーで頑張ったぶん、乗り心地方面もホイールベース増の恩恵がまったく感じられないほどに普通のMINIである。3ドアに対してアシがやや引き締められていることもあり、ピッチング傾向はホイールベースの延長分を相殺。このモデルだからこそのプレミアム感はライドコンフォートにおいて望めそうもない。もっとも、MINI 3ドアは現在のBセグメント的水準でみても相当乗り心地には長(た)けているから、ファミリーカー的なニーズに照らしても総じて大きな不満が出ることはないだろう。

つまるところ、MINI 5ドアの供するところは、走ることにおいて3ドアと限りなく同じのままに、実用性だけをアドオンしたということになるだろうか。クラブマンで感じる後ろが遅れてついてくる印象や、クロスオーバーで感じる上屋の高さがロールにまとわりつく印象……と、それらは共にちょっぴりの差なのだが、それでも看過できないというパフォーマンス命のお父さんが、家族への免罪符として5ドアを選ぶということは十分考えられる。あるいは日常に多分な余剰を求めず、ジャストサイズに囲まれることを由とする暮らし向きに共感する人にとっても、このクルマはちょうどいいものと映るだろうか。いずれにせよ、自身の生活観に引き算的な発想がなければ、選ぶことが難しいクルマである。例えば並盛りと大盛りの価格差が50円しかないラーメンがあったとすれば、僕を含めて多くの人は、食べ切れないかもしれないのについ大盛りを頼んでしまうだろう。そこであえて並盛りを頼める意志や信念の強さがあるか否か。MINI 5ドアは、大盛りの誘惑に勝った人が選べる、ある意味ミニマリズムへの踏み絵のようなクルマかもしれない。

(文=渡辺敏史/写真=BMWジャパン)

英国オックスフォードの郊外を走る「MINI 5ドア」。この角度から見ると、3ドアモデルとほとんど見分けがつかない。
英国オックスフォードの郊外を走る「MINI 5ドア」。この角度から見ると、3ドアモデルとほとんど見分けがつかない。 拡大
機能装備はおおむね3ドアに準じたものとなっており、ヘッドアップディスプレイや走行モードの切り替えシステムなどがオプションで用意される。
機能装備はおおむね3ドアに準じたものとなっており、ヘッドアップディスプレイや走行モードの切り替えシステムなどがオプションで用意される。 拡大
「クーパーS」の燃費性能は、欧州仕様では約18.2~18.5km/リッター(欧州複合モード)。2014年10月に発表された日本仕様は16.4km/リッター(JC08モード)となっている。
「クーパーS」の燃費性能は、欧州仕様では約18.2~18.5km/リッター(欧州複合モード)。2014年10月に発表された日本仕様は16.4km/リッター(JC08モード)となっている。 拡大

テスト車のデータ

MINIクーパーS 5ドア

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4005×1727×1425mm
ホイールベース:2567mm
車重:1240kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:192ps(141kW)/4700-6000rpm
最大トルク:28.6kgm(280Nm)/1250-4750rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88W/(後)205/45R17 88W(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:5.4~5.5リッター/100km(約18.2~18.5km/リッター、欧州複合モード)
価格:350万円/テスト車=--円
オプション装備:--
※価格のみ日本仕様、その他の数値はいずれも欧州仕様のもの

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター
 

MINIクーパーS 5ドア
MINIクーパーS 5ドア 拡大

関連キーワード:
MINI 5ドアMINI試乗記

あなたにおすすめの記事