「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売

2014.10.07 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」

「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」リファインされて新発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年10月7日、一部仕様が変更された「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」を発売した。


「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売の画像
シートの表皮には、アルカンターラとファブリックが採用される。
シートの表皮には、アルカンターラとファブリックが採用される。
最高出力と燃費性能がアップした1.4リッターターボエンジン。7段のDSGが組み合わされる。
最高出力と燃費性能がアップした1.4リッターターボエンジン。7段のDSGが組み合わされる。

「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売の画像

ポロ ブルーGTは、優れた環境性能とスポーティーな走行性能を両立させたという、ポロの最上級モデル。2014年8月末にポロファミリーの仕様・装備が変更されたのに伴い、今回その“改良型”が発売された。

一番の目玉は安全装備の充実で、ミリ波レーダーによる検知機能で衝突を回避または被害を軽減する「フロントアシストプラス」や、ドライバーの疲労検知システム、二次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」などが標準で与えられる。
レーダーで前方車両との車間を監視し、自動的に加減速を行う「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も、シフトパドルとのセットオプションとして用意される。

無負荷運転時に4気筒のうち2気筒を休止させる、ACT(アクティブシリンダーマネジメント)付きの1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力がこれまでの140psから150psへとアップ(最大トルクは25.5kgmで変わらず)。その一方で、JC08モードの燃費値も21.3km/リッターから21.5km/リッターへと改善された。

内外装については、専用デザインの前後バンパーや17インチアルミホイール、ブルーを基調としたアルカンターラとファブリックからなる専用シートが特徴。ノーマル車に比べて15mmローダウンする、専用のスポーツサスペンションも備わる。

価格は283万5000円。ボディーカラーは、ブルーシルクメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリックの4色がラインナップされる。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る