「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売

2014.10.07 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」

「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」リファインされて新発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年10月7日、一部仕様が変更された「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」を発売した。


「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売の画像
シートの表皮には、アルカンターラとファブリックが採用される。
シートの表皮には、アルカンターラとファブリックが採用される。
最高出力と燃費性能がアップした1.4リッターターボエンジン。7段のDSGが組み合わされる。
最高出力と燃費性能がアップした1.4リッターターボエンジン。7段のDSGが組み合わされる。

「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売の画像

ポロ ブルーGTは、優れた環境性能とスポーティーな走行性能を両立させたという、ポロの最上級モデル。2014年8月末にポロファミリーの仕様・装備が変更されたのに伴い、今回その“改良型”が発売された。

一番の目玉は安全装備の充実で、ミリ波レーダーによる検知機能で衝突を回避または被害を軽減する「フロントアシストプラス」や、ドライバーの疲労検知システム、二次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」などが標準で与えられる。
レーダーで前方車両との車間を監視し、自動的に加減速を行う「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も、シフトパドルとのセットオプションとして用意される。

無負荷運転時に4気筒のうち2気筒を休止させる、ACT(アクティブシリンダーマネジメント)付きの1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力がこれまでの140psから150psへとアップ(最大トルクは25.5kgmで変わらず)。その一方で、JC08モードの燃費値も21.3km/リッターから21.5km/リッターへと改善された。

内外装については、専用デザインの前後バンパーや17インチアルミホイール、ブルーを基調としたアルカンターラとファブリックからなる専用シートが特徴。ノーマル車に比べて15mmローダウンする、専用のスポーツサスペンションも備わる。

価格は283万5000円。ボディーカラーは、ブルーシルクメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリックの4色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.11 試乗記
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記