「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売

2014.10.07 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」
「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」

「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」リファインされて新発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年10月7日、一部仕様が変更された「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」を発売した。


「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売の画像
シートの表皮には、アルカンターラとファブリックが採用される。
シートの表皮には、アルカンターラとファブリックが採用される。
最高出力と燃費性能がアップした1.4リッターターボエンジン。7段のDSGが組み合わされる。
最高出力と燃費性能がアップした1.4リッターターボエンジン。7段のDSGが組み合わされる。

「VWポロ ブルーGT」リファインされて新発売の画像

ポロ ブルーGTは、優れた環境性能とスポーティーな走行性能を両立させたという、ポロの最上級モデル。2014年8月末にポロファミリーの仕様・装備が変更されたのに伴い、今回その“改良型”が発売された。

一番の目玉は安全装備の充実で、ミリ波レーダーによる検知機能で衝突を回避または被害を軽減する「フロントアシストプラス」や、ドライバーの疲労検知システム、二次衝突を防ぐ「マルチコリジョンブレーキシステム」などが標準で与えられる。
レーダーで前方車両との車間を監視し、自動的に加減速を行う「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も、シフトパドルとのセットオプションとして用意される。

無負荷運転時に4気筒のうち2気筒を休止させる、ACT(アクティブシリンダーマネジメント)付きの1.4リッター直4ターボエンジンは、最高出力がこれまでの140psから150psへとアップ(最大トルクは25.5kgmで変わらず)。その一方で、JC08モードの燃費値も21.3km/リッターから21.5km/リッターへと改善された。

内外装については、専用デザインの前後バンパーや17インチアルミホイール、ブルーを基調としたアルカンターラとファブリックからなる専用シートが特徴。ノーマル車に比べて15mmローダウンする、専用のスポーツサスペンションも備わる。

価格は283万5000円。ボディーカラーは、ブルーシルクメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリックの4色がラインナップされる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る